2012年03月29日

機長を締め出し、事なきを得たB6191便



http://flyteam.jp/flightnumber/B6191

ClaytonOsbon(49)-1.jpg 格安航空会社(LCC)のジェットブルー航空が運行するJFK (ニューヨーク)発、LAS(ラスベガス)着のB6191便(エアバスA320)は、3月27日午前7時28分、乗客135人乗員5人を乗せ、ニューヨークのケネディ国際空港を発ち、ラスベガスに向かっていた。目的地のラスベガスに向かって約2時間後にコックピットの内部で兆候が現れ、操縦士が宥めていたが、約3時間半が経過した高度9000mで、突然、コックピットにいるはずのクレイトン・オズボーン(Clayton Osbon)機長(49)が操縦室の側にあるトイレへと席を外して客室に出現。「イラク、アルカイダ、テロリズム、墜落する!」と突然叫び始めた。

 予期せぬ緊急事態に、副操縦士はコックピットの内側から鍵をかけて、機長を締め出した。オズボーン機長は金切り声を上げながら機内の通路を走り回り、乗客の入っているトイレを開けたり、コックピットのドアを叩き、「「減速しなければ! 着陸しなければ!」、「暗号がいるんだ! 暗号を渡せ!」と叫んだため、搭乗していた非番の機長が操縦室に入って機長の業務を引き継ぎ、テキサス州アマリロに緊急着陸した。

ClaytonOsbon(49)-2.jpg 客室乗務員は拡声装置で、「オズボーン機長を取り押さえて下さい!」と鋭い声で訴えた。コックピットへのドアを叩き始めたため、前方に座っていた大柄な男性4人(後述)が通路にオズボーン機長を組み伏せて取り押さえ、アマリロ空港に到着するまで、延長シートベルトとジップタイ手錠で拘束し、20分以上床に押しつけていた。

 英雄となった4人の乗客は以下の通り。通路側の座席7Cに座っていた、22年勤務で退職したニューヨーク市警巡査部長のババキティス(51)。「9−11のUA91便の事件が頭を過った。機長はこのフライトだけではなく、完全に狂っていた。明白に、それはまた4人みな同様に感じていた。」ニューヨーク、ライのアンソニー・アントニオ(40)は、「オズボーン機長は金切り声を上げて、『彼らは我々を落とす!彼らは我々を落とす!』、『主の祈りと言え!主の祈りと言え!』と喚いた。イラクおよびアフガニスタンに関して妄言を吐き荒れ狂った。オズボーン機長は精神の危機の状態で、不安定で激怒していた。それは次第により悪化した。コックピットへのドアから引き離して、拘束している間、オズボーン機長は、『我々はイラクを得た。我々はアフガニスタンを得た。彼らは我々をまた落とすだろう。』と叫んでいた。」と述べた。前から3列目に座っていたガブリエル・ショーツァイトは「オズボーン機長は狂っていた。コックピットに戻ったら墜落すると確信した。」と疲弊した表情。確保に協力したデビッド・ゴンザレスは「スリーパーホールドで弱らせてやった。離すつもりはなかった。」と振り返った。アマリロ空港へ着陸後、地元当局に身柄を拘束され、FBIの監視下で精神病院に搬送された。

 「実名が出て来ないと事態の切迫感が出て来ず、安全対策がおざなりになってしまう。一般人の生命と財産をどう考えているのか。おざなり瓦版のマスゴミめ。」と憤慨したが、インターネットの世界は恐ろしい。写真に経歴、動画まで暴露している。

 クレイトン・オズボーン(Clayton Osborn)(49)は、妻とジョージア州サバンナ(Savannah)に住む。1994年にパイロットとなり、2000年にジェットブルー社の就航と同時に同社で勤務。身長193p体重115sの大男で、雑誌のインタビューには「飛ぶことはすごく楽しい。」などと語っていた。オズボーン機長は、過去11年間、ニューヨークのサウス・オゾン・パーク(クイーンズ)の二世帯住宅のアパートを他の数人のパイロットと共有して借りていた。隣人は、乗客とほとんど同じくらい茫然とした。祖母がオズボーン機長の家主のトマス・コンシグリオ(27)は、衝撃を受け、「彼は問題のない陽気な男で、非常に当惑している。」と語っている。身近な仲間で、オズボーン機長の昨年のクリスマス・パーティーに家族ぐるみで参加していたマーガレット・シェーファーは、「初め、同姓同名だと思っていた。」彼女はオズボーン機長について、「彼は政治またはテロについて話さず、実際、悪ふざけをする人で、常に彼の赤ん坊たちと飼っている5匹のシェパードについて話していた。」と言った。彼女の夫(ゲルト・シェーファー)は、「彼は飛行機について考え過ぎ、中東情勢が彼を恐怖におとしいれた。これは彼だけの問題ではない。」と推測している。

 ジェットブルー社のCEOデイブ・バーガー(Dave Barger)は「トゥデー」ショーで、オズボーン機長を「旧友で、申し分のない専門家(consummate professional(下の記事の写真では誤字のconsumate)」と評し、「私は、長い間機長を個人的に知っている。また、過去に全く兆候はなかった。」と付け加えた。ジェットブルー社は米国の格安航空会社で、主要路線は国内便。2001年の同時多発テロの発生以降、低調となった米航空産業で低価格を売りに収益を伸ばしていた。

http://www.nydailynews.com/new-york/jetblue-ceo-old-pal-capt-clayton-osbon-a-consummate-professional-article-1.1051954?localLinksEnabled=false
http://savannahnow.com/latest-news/2012-03-28/passengers-recount-fears-during-richmond-hill-captain-breakdown#.T3OumNmMp4o



 日本では、1982(昭和57)年2月9日午前8時37分に片桐清二(当時35歳)機長が操縦する福岡発羽田行きの日航機DC8が着陸寸前に突然、失速、空港手前の羽田沖に墜落、死亡者24人、重軽傷者149人を出す惨事となったJL350事件が起きている。
http://cnxss.seesaa.net/article/140688715.html

 そうでなくても、現況の日本では、大飯原発3・4号機のストレステストで、「我々は、安全性の確認は求められていない。」とデタラメな発言をした原子力安全委員会の斑目春樹委員長、消費税増税で日本と国民を疲弊させる野豚泥鰌首相、韓直人、ルーピー由紀夫。自らの人災で大災害を起こし、給料・ボーナス・年金はそのままで「値上げする。嫌なら他から買え。」と恫喝した東京電力の高津浩明常務とか、権力や金をもっているキチガイや低能だらけで鬱になる。キチガイや低能だけが報われる世の中は狂っている。そうではないか。一刻も早く、ダメリカのようなごっつい4人の英雄が、こいつらを床に押さえつけて、処分してもらいたい。

ディスカバリーチャンネル ZERO HOUR:9.11同時多発テロ事件 [DVD]9.11 ~N.Y.同時多発テロの衝撃の真実~ [DVD] / ジュール・ノーデ, ゲデオン・ノーデ, ジェイムズ・ハンロン (監督)9・11生死を分けた102分  崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言 [単行本] / ジム・ドワイヤー, ケヴィン・フリン (著); 三川 基好 (翻訳); 文藝春秋 (刊)アメリカの謀略戦争 9.11の真相とイラク戦争9.11が変えた世界経済システム9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪 (5次元文庫) [文庫] / 菊川 征司 (著); 徳間書店 (刊)知らぬは日本人ばかり [9・11テロ完全解析] 10年目の「超」真実 世界の常識ではアルカイダは関係なし! (超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)] / 菊川 征司 (著); ヒカルランド (刊)9.11&3.11崩壊から再生へ
posted by cnx at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Am | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

雅子に爪の垢を煎じて飲ませたい


 日本の伝統を破壊するための工作員、雅子に、オランダの王太子の嫁の爪の垢を煎じて飲ませたい。

 中世政権がそのまま残っている西洋などの王政が何故存続しているのか。そもそも無意味に残っている盲腸のような存在なので、殊更、ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige、ノブレッソブリージュ、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する。」、「位高ければ徳高きを要す。」)に務めなくてはならない。財産、権力、社会的地位が意味もなく高いためには、それに見合うだての責任が伴う。
 まして、古代政権の権威だけが残っている天皇制では、ヨーロッパやタイなどに増して、国民のためを考え、国民の中に入っていかなければならない。それを、雅子という創価系工作員はズタズタにしている。天皇制の存続を望むのなら、一刻も早く廃嫡にして、雅子を処分すべきである。

 このブログの姉妹ブログ↓のアクセスのほとんどが、雅子関連である。いかに関心があるかがわかる。刻一刻、皇室の権威が失墜している。早く処置しなければ、鼎の軽重を問う段階に入っていく。
http://pub.ne.jp/cnxb/

 ところで、皇居には、逆に国民の勤労奉仕の制度があるので紹介して置こう。小生は参加したことがないのだが、こういうポランティア活動というのは、池の鯉に餌をやるのと同様に気持ちが良いものなのだ。地震だろうが、津波だろうが、重油流出だろうが、同じことで仲間と目的を達成し感謝されるというだけで行った以上の見返りがある。

http://www.kunaicho.go.jp/event/kinrohoshi.html
皇居勤労奉仕のご案内

「美しい皇居を守る力」−それが,皇居勤労奉仕です。

皇居勤労奉仕は,昭和20年5月に空襲で焼失した宮殿の焼け跡を整理するため,同年12月に宮城県内の有志が勤労奉仕を申し出たことが始まりであり,それ以降,今日まで奉仕を希望する方々をお受けしています。

現在の皇居勤労奉仕は,連続する平日の4日間,皇居と赤坂御用地で除草,清掃,庭園作業などを行います。広い場所ですから個人でというわけにはいかず,15人から60人までの団体による参加をお願いしています。団体は地域の集まり,職場の仲間,学生有志など多彩にわたります。

もし,皇居勤労奉仕に興味をお持ちになりましたら,手続要領を下に掲載しておりますので,ご一読ください。また,実際に申し込んでみようとお考えの方には,詳しい要領をお送りしますので,ご遠慮なく下記照会先にお問い合わせください。

雅子妃 悲運と中傷の中で (文春文庫) [文庫] / 友納 尚子 (著); 文藝春秋 (刊)雅子さまと愛子さまはどうなるのか? [単行本] / 佐藤あさ子 (著); 草思社 (刊)皇太子と雅子妃の運命―平成皇室大論争 (文春新書) [新書] / 文藝春秋, 文芸春秋= (編集); 文藝春秋 (刊)「プリンセス・マサコ」の真実―“検閲”された雅子妃情報の謎 [単行本] / 野田 峯雄 (著); 第三書館 (刊)雅子さま論争 (新書y) [新書] / 森 暢平, 香山 リカ, 白河 桃子, 水無田気流, 小田嶋隆, 湯山 玲子, 信田 さよ子 (著); 洋泉社 (刊)
posted by cnx at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

誤用学者の地球温暖化が今年の大寒波の原因説 犬HKの愚民洗脳大作戦


 ニュースは国際ニュースしか見ないのだが、昨日の朝に、犬HKのBS1で、海洋研究開発機構の猪上淳という誤用学者がわざわざ登場し、今年の大寒波は地球温暖化のせいだと言い出した。何でこれが朝の貴重な時間の国際ニュースなんだ。しかも単なる仮説の一つに過ぎないのだが、平均賃金1300万円の犬HKは何としても地球温暖化に愚民を洗脳しなくてはならない。
 この誤用学者も自説を曲解されているのに、ほいほい尻尾を振っていた。北大で学位を取った猪上淳くんは、なんでもかんでも海氷を原因にして、研究費を稼ぎだしたいわけだ。何しろ航空機から海氷を観測するためにロシアの飛行機にまで乗り込んでいるんだから、何でもありだろう。
 東京という江戸時代まで文化の果てで、ちょっと雪が降ったもんだから大騒ぎして、良い機会だから、愚民を地球温暖化で洗脳しようと、もうすでに何ケ月も前から予定されていたのは明々白々である。 1月も前に発表していた↓。
http://news.mynavi.jp/news/2012/02/02/064/index.html
海洋研究開発機構(JAMSTEC)は2月1日、冬季バレンツ海を発生源とする低気圧の経路が近年の海氷減少に伴い通常より北側を通過していることを気象データの解析により示したと発表した。この低気圧経路の変化によって、北極海上はより暖められる一方、シベリアでは北からの寒気が入り込みやすい状況が形成される。これは地球温暖化が進行しているにも関わらず、近年の日本の冬が寒い原因の1つであることを意味し、海氷減少と北極温暖化が中緯度の気候変動と密接に関連することを示した極めて重要な知見だという。

研究はJAMSTEC地球環境変動領域・寒冷圏気候研究チームの猪上淳主任研究員らによるもので、成果は米気象学会発行の学術誌「Journal of Climate」3月号の掲載に先駆け、Early Online Release版に1月26日付けで掲載された。

一般的に日本の冬の寒さは、「エルニーニョ」/「ラニーニャ」など低緯度の影響と、「北極振動(気圧の変動現象の1種)指数」の正/負など高緯度の影響の組み合わせで暖冬/寒冬が説明される。しかしながら、2011/2012年の冬(画像1)のような場合、両者の組み合わせでは説明できないこともあり、予報という観点からも問題が残っている状況だ。

一方、より大きな空間スケールで見ると、北極の温暖化と対となってシベリアの寒冷化現象がしばしば観測されることがあり、これが地球温暖化の一端として解釈できるのか世界的にも議論の的となっていた。

そこで今回の研究では北極の温暖化が最も著しい冬のバレンツ海に着目し、そこで発生する低気圧の経路が海氷の多寡によってどのように変化し、北極の温暖化とシベリア域の寒冷化にどのような影響を与えているのかが調べられた次第である。

 素朴な疑問に答えてもらいたい。1万3千年ほど前に、ヤンガードリアス寒期が1300年間続いたと言われる。ヤンガードリアス寒期の原因が深層海流の停滞という説を取ると、バレンツ海の海氷が少なくなるということは、深層海流の停滞が起こらず、熱エネルギーがヨーロッパという人跡が入るべきではない北極圏にまでも伝わるということになる。
 2010年04月20日にアメリカ合衆国ルイジアナ州のメキシコ湾沖合80kmで操業していたBP社の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」が爆発して引き起こされたメキシコ湾原油流出事故も、この深層海流を遮断し、気候変動を引き起こすための陰謀説が浮上している。日本みたいな温室にいるとわからないかも知れないが、国際情勢とは食うか食われるかでユダにロスケにアメコーまでが暗躍している魑魅魍魎の世界なのだ。
 しかし、ヤンガードリアス寒期の原因説でさえも、ではなぜ南半球の寒冷化が先に起こったのかが説明できていない。 有力な仮説では、北米大陸への彗星の衝突により巻き上げられた塵による寒冷化が上げられる。

http://yonakamura.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html
深層海流が熱を運ぶ

 このメキシコ湾流は北上しながら次第に温度を下げ、最後はグリーンランドなどから流れてきた海氷によって冷やされて重くなり、海底深く沈み込みます。また、凍結して海氷が作られる場合もあり、その際には水分(原文:塩分)が吐き出されるので海水はさらに重くなります。

 こうして沈み込んだ海水は大西洋の深さ3千〜4千メートルをゆっくりと(秒速10p以下)南へ移動する深層海流となります。この流れはインド洋と南太平洋に別れて北上します。その後はしだいに暖められて上昇し、インド洋北部と北太平洋で表層水になります。やがて向きを変えて南下し、アフリカの南端を回って再び大西洋に戻ります。

 この海洋大循環は一巡りするのに約2千年かかる壮大な流れで、熱帯地方の熱を高緯度地域に運び、地球の気候を穏やかなものにしているのです。

メキシコ湾流が停滞すると……

 この海洋大循環が近年弱まりつつあるのです。すでにメキシコ湾流の沈み込みが30%程度弱まっており、今後さらに停滞するという予測もあります。

 その原因は温暖化によるグリーンランドの氷河の融解です。それによって海表面に淡水が大量に流れ込み、塩分濃度が低下して軽くなるため、海水が沈み込みにくくなるのです。

 もしこれが進行すると、海洋大循環が停滞してメキシコ湾流が今ほど北にまで流れなくなり、特にヨーロッパが寒冷化するという予測があるのです。しかし、こんなことが本当に起こるのでしょうか?……実は、今から約1万3千年前に実際に起こっていたのです。

1万3千年前の大異変

 それは、約10万年続いた最後の氷河期が終わりつつあった約1万3千年前のことです。当時、大西洋では今と同じようにメキシコ湾流が高緯度地域にまで流れ込み、ヨーロッパに温暖な気候をもたらしました。

 ところがその後、わずか数十年の間にヨーロッパは急速に寒冷化したのです。それは、北米大陸で起こったある出来事がきっかけでした。

 当時、現在の五大湖の辺りには氷河が溶けて出来た日本列島ほどもある巨大な湖があり、まだ残っていた氷河によってせき止められていました。それが崩壊して膨大な量の淡水が一挙に北大西洋に流れ込み、海氷面の塩分が薄まったのです。
 
 こうして海水の沈み込みが止まり、メキシコ湾流も停滞しました。その結果、ヨーロッパは約千年にもわたって氷河期に逆戻りしました(注)。

 地球が温暖化し、グリーンランドの氷河が溶けつつある現在の状況は1万3千年前と似ているのです。

 地球が温暖化しているというなら、地球中に温度計を張り巡らせて(深層海流も)、証明してみせよ。日本数学会は、「大学生の24%が平均の意味を正しく理解していない。」と嘆いているが、北大あたりもその口なのか。地熱に放射性核種の壊変以外は太陽エネルギーが大半の熱源で、その太陽エネルギーが減っているというのに、温暖化が進むというのなら、できるもんなら理路整然と説明してみせよ。我田引水の誤用学者の一私見を定説として取り上げる地球温暖化陰謀の底知れぬ邪悪さに寒気がする。

“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ [単行本(ソフトカバー)] / H スベンスマルク, N コールター (著); 桜井邦朋, 桜井邦朋 (監修); 青山洋 (翻訳); 恒星社厚生閣 (刊)地球環境46億年の大変動史(DOJIN選書 24) [単行本(ソフトカバー)] / 田近 英一 (著); 化学同人 (刊)今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機 [単行本(ソフトカバー)] / 丸山 茂徳 (著); ベストセラーズ (刊)「地球温暖化」論に騙されるな! [単行本] / 丸山 茂徳 (著); 講談社 (刊)眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社新書215) [新書] / 桜井邦朋 (著); 祥伝社 (刊)
posted by cnx at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 全球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午後の曳航 続・コスタ・コンコルディア(コスタ・アレグラ(陽気な浜辺))事故


 01月13日、豪華客船コスタ・コンコルディア(Costa Concordia)を岸に近づけ過ぎて、座礁転覆させ、死者40人(行方不明を含む)、負傷者少なくとも60人の大事故を引き起しながら、逃げたフランチェスコ・シェッティーノ(Francesco Schettino)船長で一躍有名になった、イタリアのジェノヴァに本社を置く、クルーズ客船運航会社、コスタ・クルーズ(Costa Cruises)は、02月27日にインド洋をセーシェルに向けて航行中に機関室から出火して動力を失った、コスタ・アレグラ(Costa Allegra)で続編を引き起した。続編のジンクスで、本編に比べると著しく見劣りがする。不謹慎だが犠牲者がいない。転覆もしていない。ニコロ・アルバ(Niccolo Alba)船長は逃げてもいないし、今のところ、シェッティーノみたいに女を連れ込んでもいないようだ。

 しかし、火災で電気系統が故障したため照明、トイレ、空調が使えなくなった。高い金を払って豪華客船に乗って、エアコンは使えないし、トイレが流せないので、船室は糞まみれで朝鮮人なら歓喜の声を上げる環境だったわけだ。やっと漁船に曳航されて、コスタ・アレグラ(陽気な浜辺、音楽用語では速い浜辺)の全く正反対だったようである。

 事故があったばかりのコスタ・クルーズのイタ公の船をキャンセルもせず、完全な自己責任で同情などしない。しかし、考えようによっては、タダで自然に近い生活が送れて、金も返ってくるし、命があっただけでもめっけもので、乗客は儲かったとも言える。

 片桐機長のJL350殺人事件と似ているこの構図は、企業体質というか国民性なのだろうか。腐った日本航空は未だに運行を続けているし、コスタ・クルーズというイタ公の船は、予約は35%落ち込んではいるがそのまま航海を続けている。福島発の放射性物質を人災で拡散させた盗電やルーピー鳩、韓直人、野豚が未だに責任を取らず(責任も感じず)、不当に金と権力を行使し続けている。

 コスタ・クルーズが、コスタ・コンコルディアの項を削除しているのは当然だが、驚いたことに、あれだけ大騒ぎになったのに、JTBは未だにそのままだ。乗客に安全を販売するという責任感のカケラもないと取られても仕方がないではないか、JTBよ。旅行券を10万円単位で送るのなら、考えても良い。
 親切にもシャープ、ツムラ、啓林館にメイルで間違いを指摘してやったことがある。メイルが返って来ておしまい。社長が恥じ入ろうが、編集が頭を抱えようが、そんなことはどうでも良い。この経緯は別のところに書いた。ちょっと昔なら、手紙が届いて、少なくとも、図書券5百円とかボールペンとかが同封してあった。乞食ではないが、気は心で何となく嬉しかったものだ。今や無神経なもうけだけの金の亡者の企業ではそんな商慣習が廃れ、結果、企業は裸の王様のまま笑い物にするのが正解になった。

コスタ・アレグラ
http://www.costacruisesasia.com/jp/costa_allegra.html

JTB
コスタ・アレグラ
http://www.jtb.co.jp/cruise/passengerboat/allegra/
アジアンクルーズを得意とするイタリアのカジュアルシップ

メガシップでは体験できないきめ細やかなサービスと、アジアの魅力あふれる都市を巡るショートクルーズが人気。ディナーはイタリアンのフルコースと中華料理の両方を楽しめ、好評を得ています。


コスタ・コンコルディア
http://www.jtb.co.jp/cruise/passengerboat/concordia/
大手エステ会社と提携した、クルーズ船最大級のスパを擁する客船

「健康と癒し」をコンセプトに2006年7月に就航した、11万2,000トンの大型客船。
フィットネスセンター、ジム、エステ、サウナ、スチームルームを擁する2階建て、延べ1,900m2の巨大な「サムサラスパ」、さまざまなヘルシーメニューを提供する「サムサラレストラン」が設置され、ほかにもレストラン5ヵ所、バーが13ヵ所、スイミングプール3ヵ所、ジャグジー5ヵ所、さらに3階建ての大型シアターなど豊富な設備を備えている。


偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫) [文庫] / THINKER (著); 徳間書店 (刊)超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫) [文庫] / ケイ・ミズモリ (著); 徳間書店 (刊)あなたはお金のしくみにこうして騙されている  (5次元文庫) [文庫] / 天野統康 (著); 徳間書店 (刊)
posted by cnx at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする