2011年08月04日

朝鮮匪賊による日本腐蝕と高岡蒼甫事件


 日本は、晩年は娘の嫁ぎ先のユダヤ人宅で執事としてこき使われたペリーなど侵略者の毛唐の闖入により、朝鮮・台湾に日本の多大の税金を投入して、原始状態だった朝鮮土人などを開化させた。特に外地での日本人は給与が高く、優秀な人材が外地に渡ってしまっていたのである。このため、昭和恐慌では、東北などで娘の身売りを村役場が斡旋するなど悲惨な事態になっていたのである。

 ところが、恩知らずの朝鮮土人は、
http://www.geocities.jp/cnxgeo/
 昭和27(1952)年01月18日、大韓民国(韓国)大統領・李承晩日米の抗議も拘わらず国際法上の慣例を無視し、下朝鮮の酋長、李承晩 は、一方的に「李承晩ライン」を設定した。
 第一大邦丸事件など、13年間の下朝鮮(南朝鮮)政府の海賊行為による日本人抑留者は3929人、拿捕され た船舶数は328隻、死傷者は44人に上る。
抑留者は6畳ほどの部屋に30人も押し込まれるなどの劣悪な抑留生活を強いられ、抑留期間も数年間におよんだ。
 李承晩ラインの問題を解決するにあたり、下朝鮮の圧力に屈した日本国政府は、日本人抑 留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日下朝鮮・北朝鮮人472人を収容所より放免し、在留特別許可を与えた。

 不法移民の「在日」という工作員を送り込んだ。朝鮮総連というのは、共産党の下部組織である。社会党や公明党、自民党の一部、民主党という朝鮮人政党を使い、「在日」に生活保護や児童手当を与えている。外国の不法移民を日本人より優遇しているのは、有史以来地球上で、日本という餌食になった腐蝕国家以外にはない。

 インチキ反日教育により土民を洗脳している特亜(支那・朝鮮)では、日本なくしては過去の営為も現在の地位も未来の夢もないにも関わらず、日本を貶め続けている。日本領の竹島を日本から盗み、占拠を続けている。ハーグの国際司法裁判所に下朝鮮が出廷を拒否しているのをあげるまでもなく、日本領であるのが自明である。ゴキブリ不逞朝鮮人は、狂犬支那人の台湾海(東シナ海)やフィリピン海(南シナ海)での主張と同じく、日本海に眠る海底資源のためである。

 何と、朝鮮ゴキブリは、高速鉄道で正面衝突事故を起こしていた。

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-765.html#comment
 千年もの長い間中国の属国として低い身分にあったため、その反動として低い身分の者や貧困者、弱者などに対して「上の者が下の者
を見下すのは当然のこと」と考える民族的傾向が定着しています。
逆に日本人は弱者に手を差し伸べる仏教的慈悲の心が身についています。

だから両国の外交を見れば一目瞭然です。日本は戦前の併合はもちろん
のこと戦後も世界最貧国の韓国を巨額の資金援助で何度も助けてきました。しかし韓国はそれらの事実を国民に知られることを恐れて、全てを覆い隠し、国民を洗脳してきました。つまり真実を知れば弱者になって日本が上位になってしまうからです。

 このように朝鮮族は異常なほどの劣等感を偽物の優越感で覆い隠して生きてきたのです。韓国式のビジネスも常に上位になるような営業戦略を構築します。

 教育も「世界でもっとも優秀な民族」であるとか、「5千年間独立を保った誇らしい文化大国」などの大嘘で子供の頃から教育されています。このように教育しないと短期間で奇跡の発展に説明がつかないからです。

 つまり併合前、朝鮮族の先祖は乞食同然の生活をしていた惨めな歴史を消し去りたいのです。韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられた事実を消し去りたいのです。

 韓国では1993年高速鉄道の国際入札が行われました。日本も形だけは参加しましたが、受注する気はあまりありませんでした。なぜなら過去多くの日本企業が製品を納入した後で必ずクレームをつけられ請求書通りお金が入ってきたことがありません。

 それだけではなしに下手をすると値切られるだけでなくそれ以上の損害賠償をとられる始末でした。そのトラウマで企業も政府も腰が引けていました。

 韓国も少し賢くなり世界が見え出した2003年以降 日本に対する貿易の完全開放が行われ 日本の大手企業が積極的に韓国進出を計ってきました。電子、自動車、化学、流通等、投資形態も企業引受、合弁投資、販売法人など形態も多様化しています。

 しかし高速鉄道の入札が行われた1990頃は先行した日本の中小企業群の多くは騙され痛い目に遭っていました。それも韓国語が出来る在日朝鮮人の企業たちまでも騙されていました。

 だから1993年の韓国高速鉄道の国際入札にはあまり積極的ではありませんでした。途中で日本側は下りてしまいました。初めから日本はダシに使われるだけで、決める気が全く無いことが分かったからです。

 途中で下りた日本側に韓国政府は面子を潰されたと激怒、しまいには入札が決まる最後まで残って欲しいと懇願する始末でした。

 フランスTGVを導入した韓国新幹線は開業前、試験走行中のトラブルが
頻発したために技術協力を日本側に要請しましたが、根本がフランスTGV方式を採用しているため技術的な協力のしようがなかった。

 2004年営業運転開始以降も小さなトラブルが続出、大きなトラブルでは2007年世界初の正面衝突事故 幸いにも死者はなかった。

 60億ウオンを投じて導入した自動改札機が誤作動を頻発、撤去した結果無賃乗車が急増、2009年枕木約15万3000本が全て不良品だったことが確認された。

 車体下のモーター減速機の固定部に亀裂が入り脱落寸前、危機一髪でした4。2011年運行中の列車がトンネル内で6両脱線、原因はポイント(分岐器)の問題です。このように現在でも大小取り混ぜてトラブルが続発しています。

 しかしその後国産化を急ぎ、このような欠陥新幹線をあつかましくもアメリカやブラジルに技術の売り込みをしていたのです。この精神は全く中国人と同じです。


 また、鳩山由紀夫や菅直人が北朝鮮による国家テロの拉致実行犯の関係団体に巨額の資金を流していた戦後最大の事件を隠蔽しているテレビ局や朝日新聞や毎日新聞など売国奴を全員処刑しないと日本が滅びる。


 このことを報道したのが、関西テレビのアンカーであり、たかじんの委員会は読売テレビで、これが関東の蛆テレビ、日本テレビに相当するのはどうしたことなのだろうか。東日本はこれからも地震の影響、被曝の影響が憂慮されることもあるので、保護国にして、戒厳令を敷くべきであろう。



 07月23日、反日創価タレント宮崎あおい(25)の夫の高岡蒼甫(29)がツイッターでつぶやいた「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」というツイッターが、蛆テレビ(フジテレビともいう)、高岡蒼甫は、下朝鮮に対する批判ではなく、国の一大事時にどさくさ紛れに欺いて偏りを見せてる今の体制への嫌悪感から、日本を引っ張っている人間たちに対する抗議のために発言したと言っている。別段、過激な内容でもなく、常識的なつぶやきなのに、朝鮮への反感と、蛆テレビなどマスゴミへの不信から、燎原の火の如く拡がって行った。しかし、マスゴミはこのことを決して報じたりはしない。07月24日正午にアナログ放送が停波になったのと無関係ではないだろう。これを機会にテレビを捨てた人も多い。今回の震災と被曝でのマスゴミのインチキ報道に業を煮やしている人も多いのである。

 所属事務所のスターダスト・プロモーションとの間で話し合いがもたれたが平行線に終わり、高岡蒼甫は一方的に解雇となった。ワイドショーの報道は高岡蒼甫だけを批判する内容に終始し、全てを宮崎あおいとの離婚の方へ誘導している。08月01日の午前、ツイッターで宮崎あおいと連絡が取れていないことを明かした。

 田母神俊雄元航空幕僚長は「テレビで韓流ドラマが一日中流れていることに私も違和感を感じています。公共の電波を使って韓国の情報戦略に協力することは止めてもらいたい。」ふかわりょうはJ−WAVEで「あるテレビ局が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあった。」、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う。」、「ある局がお金をもらってK−POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは決定的に違う、CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある。」と論評。中田宏元横浜市長は、ツイッターで、「正論言ってるよね。ずっとそう思ってた。一体どこの国のテレビって感じ。」と高岡さんを支持。中山成彬元国交相は、ブログで「乗っ取られているテレビ界の内実を知って我慢ができなかったのでしょう。」と書き込み、高岡蒼甫からメールを受け取った片山さつき参議院議員は「彼が提起し皆さんが共有する危機感に焦点を当て、攪乱勢力を排して行きましょう!」と攪乱勢力と対峙する姿勢を示した。高城剛は、「少しでもメディアに出て発言力がある人たちは、この国難の際にこそ、自分の立場や意見をキチンと表明することが、いまなにより多くの日本人に求められているはずだ。」と書いた。

 その後も高岡蒼甫は「今回の事でもわかるようにマスコミは捏造を繰り返しています。都合のいいようにしか書きません。」とマスコミを非難する発言を行った。人権救済法案、人権侵害の国際通報制度、自治基本条例、住民投票条例をマスメディアが報道しない日本人に知らせなくてはならないものであるとして、日本を守るために早急に覚えるべきであると訴えている。マスメディアに「自分の精神状態の話や嫁の話も取り上げれるなら、更に国民に知らせるべき事も大きく知らせて頂きたい。人権擁護法案お願いしますね。」と呼びかけ、ツイッター閲覧者には外国人参政権、人権侵害救済法案反対の署名を呼びかけている。
http://twitter.com/#!/tkok_sosk_8228
http://blog.livedoor.jp/tkok_sosk_8228/



 蛆テレビ 株式の外国人直接保有比率は28.59%。電波法違反の外国人直接保有比率は20%の上限を超えている。犯罪者で服役中の堀江貴文(ホリエモン)が蛆テレビの買収に参入したのは記憶に新しい。この後、朝鮮人孫正義のソフトバンクが出資して乗っ取っている。禿げという異名で呼ばれることが多いこの朝鮮禿げ孫は、ヤフーの日本法人で商売を行う際、支那系と騙した。北朝鮮の犯罪者養成組織の朝鮮大学校からの新卒採用が最も多いし、在日朝鮮人への特別割引まで存在する。染織技術がなく、いつも糞と泥で汚れていた朝鮮人を彷彿とさせる白を基調とした携帯電話を売り込み、朝鮮人が最も下等と考えている犬と黒人をCMに使っている。その次に、売国奴の朝鮮人、菅直人と組んで、朝鮮製の太陽光パネルでまた日本人から金を詐取しようと暗躍している。そのため、蛆テレビがひどくなったのは孫が買収し、露骨な洗脳操作を始めた後である。
 他にも日本テレビが電波法違反である。電波法違反でも、NHKをはじめ反日亡国マスゴミの免許停止を行わない無法国家である。日本のテレビ局に対する電波利用料はわずか7億円である。この事実を特に東夷のトーキョーでは、マスゴミが報じたりは決してないのでる。

 朝鮮ゴキブリ政権南部は、国家ブランド委員会やVANKという工作機関が世界中で、汚い反日活動をしている。 K−POPとゴキブリの巣内では、違法コピーもあり30万枚しか市場がない。嫌いな筈の日本に寄生して、反日活動をしているのだ。敵朝鮮ゴキブリは、電通などの手先を使い、金・女・覚醒剤、そしてヤクザを使い、非合法に日本に巣くい、食い物にして、しかも宿主を馬鹿にしている。この実態を「K−POPブームは韓国政府が動いてる。」、「広告会社に言って、YouTubeなどに載っている動画の再生回数を増やしている」と暴いた木村太郎は蛆テレビにより干されている。日本では、朝鮮や反日勢力により、言論の自由がない情報統制国家に成り果てている。ミンス党政権になって、より一層露骨化してきた。

 高岡蒼甫は、「高蒼甫」という在日朝鮮人で朝鮮人ヤクザと付き合いが噂されたりと、とにかく、印象が悪かった。しかし、今回の件で見直してはいるが、全幅の信頼を寄せているわけではない。これは、朝鮮人妻をもつsengok38こと一色元春も同じである。なんと、wikipediaに当ブログが引用 [2]に掲載されている。当ブログは週刊新潮を引用しただけなのだが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%89%B2%E6%AD%A3%E6%98%A5

 反蛆テレビ、高岡蒼甫側には工作員が紛れ込んでいるが、少なくとも、蛆派は朝鮮売国奴であるのは間違いない。売国奴検出試薬に使える。この日曜に蛆テレビにデモが呼びかけられ、スポンサー企業の代表として花王に不買運動が掛けられている。

 売国奴 茂木健一郎、浜村淳、江川紹子、ロンブー田村淳、花王



 「嫌韓流」は1冊千円と比較的安いので、それぞれ数冊買って周りに配り拡散しているが、日暮れて道遠しである。地球上から、支那・朝鮮・露西亜・亜米利加が絶滅しますように。

マンガ嫌韓流 [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ) [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック) [単行本] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック) [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)
 平成23年08月08日、蛆テレビ(フジテレビと自称)前で抗議デモ、警察発表2500人(実数5000人)が行われた。停波、蛆テレビ。 死に絶えろ、朝鮮。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4334.html
posted by cnx at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218277388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック