2011年10月15日

我々は99パーセントだ(We are the 99 percent)、憤れ(Indignez-vous!) に潜む陥穽


 「ウォール街を占拠せよ(Occupy WallStreet)。」と叫び声を上げた運動が、ダメリカ全土に広まった。
http://occupywallst.org/

 「我々は99パーセントだ(We are the 99 percent)。」という人口わずか1%の猶太などの金持ちに富が集中している現体制批判のスローガンに変わった。その1%以外の99%だと叫んでいるのだが、そもそも金融界の手先のオバマなどという大統領に選んだ階層がこの抗議の声を挙げている層であり、まず自らの不明と不勉強を恥じ、猛省をせよ。そして、日米問わず民主党という悪魔の詐欺集団に対する徹底抗戦を呼びかけるべきであろう。かといって、自民党や共和党が正しいとは言わないが。結論を言えば、自らの目標を達成するための圧力団体や政党を作る以外に解決策はない。
 この階層(99%)のダメリカ人は筆記体が書けず、ブロック体しか書けない。小2で習って修了なので小学生の文字であり、書いてある内容以前に知性が感じられない。これは、日本のゆとり教育でも同様で、ブロック体しか習っていない。99%というものを別の言葉で言えば、大衆であり、てんでバラバラの集団であり、公約数と言えば、性欲と食欲ということになる。まさに1%の富裕層に富を献じた集団で、知性などなく、マスゴミに誘導され、性と食を商品として、広告に踊らされた家畜である。写真を見ると、ジャンクフードでブクブク太って、知性のない文字を書き、間違いなく、ドスケベなのだ。
http://wearethe99percent.tumblr.com/

 世界に飛び火して、今日世界中で一斉に抗議活動を行うよう連帯を呼びかけている。


Indignez-Vous! [ペーパーバック] / Stephane Hessel (著); European Schoolbooks Limited (刊)Indignez-vous! De Stéphane Hessel (Fiche de lecture) [ペーパーバック] / Natacha Cerf (著); lePetitLittéraire.fr (刊)Time for Outrage: Indignez-vous! [ハードカバー] / Stéphane Hessel (著); Twelve (刊)

 しかし、各国とも抗議内容はてんでバラバラで、デモという以外に共通点はない。スペインでは労働時間の短縮と65歳定年制反対とか、ギリシア金融危機でEUは、締めつけが厳しくなり、増税や人員削減への抵抗となるだろう。同じことでも、不承不承金を注ぎ込まざるを得ないドイツと、怠け者で破綻寸前なのに公務員がストライキをしているギリシアでは、全く正反対であり、方向性が見えない。またもや、猶太のマルクスやレーニンが、批判が死に直結する恐ろしい専制体制を産んだように、1%が99%の大衆を利用しかねない危うさを孕んでいる。

 日本に至っては、左翼勢力がこれに便乗して、「一部の富裕者らに支配される社会」の不満を原発反対に誘導している。今の世界史上最低の民主党政権に誘導したのもこいつらだ。公明党と自民党ナリスマシ議員の工作により、敵国の朝鮮人、支那人までが生活保護を受けるという大盤振る舞いの異常な国であり、真面目に働いている一般国民と生活保護で遊んでいるダニとの格差や、ダメリカのTPP侵略や特定アジア(朝鮮・支那)の日本侵略を問題にすべきなのだが、一切無視している。

 TPPとは、ダメリカの国益のため、属国の隷属をより強いるという制度である。マスゴミは、イスラム革命などと比較して、フェイスブックやツイッターを取り上げているが、木を見て森を見ず。ユダヤ教にしろイスラム教にしろキリスト教にしろ、自己責任とは、殺される前に殺せ、自己を守るためなら何だって許されるというもので、砂漠という極限状況で生まれた奴隷宗教が生み出した生き残りのための知恵で、彼らの生は他者の屍の上に成り立っている。敗者に同情せず、敗者を人間と見なさない。これが、グローバリズムであり、全球を支配下に置くいうもの。近くは小泉純一郎や竹中平蔵などダメリカ猶太の手先が唱えていた。

 シナイ半島やアラビア半島に行ったり見たことがない者と、この件について論じる積もりはない。また、南アジア、インド、パキスタン、バングラデッシュ、ネパールなどを訪れたことがない者と仏教やヒンドゥー教を論じる積もりはない。

 スティーブ・ジョブズなどというシリア人の父と秘書の性交でできた私生児で養子に出された性悪の男が亡くなった。時を同じくして、犬HKは松下幸之助を持ち上げている。実に良く似ている。主発明者ですらなく、他人の発明をくすね、友人の人の良さにつけ込み、騙して大きくなった設計者で、その後も他人の発明を使って発注した経営者である。設計や経営の才を評価しないわけではないが、全く尊敬しないし、むしろ軽蔑する。林檎印なら、生きているステファン・ゲーリー・ウォズニアックを評価すべきなのだ。
 こんな20年もすればどうでも良くなる小者より、C言語およびUNIXの発明者のデニス・リッチーの死去がなぜかほとんど報道されていない。本末転倒であり、それこそ憤りを覚える。

合掌。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1110/14/news018.html

プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 [単行本] / B.W. カーニハン, D.M. リッチー (著); 石田 晴久 (翻訳); 共立出版 (刊)
posted by cnx at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 全球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック