2012年03月02日

誤用学者の地球温暖化が今年の大寒波の原因説 犬HKの愚民洗脳大作戦


 ニュースは国際ニュースしか見ないのだが、昨日の朝に、犬HKのBS1で、海洋研究開発機構の猪上淳という誤用学者がわざわざ登場し、今年の大寒波は地球温暖化のせいだと言い出した。何でこれが朝の貴重な時間の国際ニュースなんだ。しかも単なる仮説の一つに過ぎないのだが、平均賃金1300万円の犬HKは何としても地球温暖化に愚民を洗脳しなくてはならない。
 この誤用学者も自説を曲解されているのに、ほいほい尻尾を振っていた。北大で学位を取った猪上淳くんは、なんでもかんでも海氷を原因にして、研究費を稼ぎだしたいわけだ。何しろ航空機から海氷を観測するためにロシアの飛行機にまで乗り込んでいるんだから、何でもありだろう。
 東京という江戸時代まで文化の果てで、ちょっと雪が降ったもんだから大騒ぎして、良い機会だから、愚民を地球温暖化で洗脳しようと、もうすでに何ケ月も前から予定されていたのは明々白々である。 1月も前に発表していた↓。
http://news.mynavi.jp/news/2012/02/02/064/index.html
海洋研究開発機構(JAMSTEC)は2月1日、冬季バレンツ海を発生源とする低気圧の経路が近年の海氷減少に伴い通常より北側を通過していることを気象データの解析により示したと発表した。この低気圧経路の変化によって、北極海上はより暖められる一方、シベリアでは北からの寒気が入り込みやすい状況が形成される。これは地球温暖化が進行しているにも関わらず、近年の日本の冬が寒い原因の1つであることを意味し、海氷減少と北極温暖化が中緯度の気候変動と密接に関連することを示した極めて重要な知見だという。

研究はJAMSTEC地球環境変動領域・寒冷圏気候研究チームの猪上淳主任研究員らによるもので、成果は米気象学会発行の学術誌「Journal of Climate」3月号の掲載に先駆け、Early Online Release版に1月26日付けで掲載された。

一般的に日本の冬の寒さは、「エルニーニョ」/「ラニーニャ」など低緯度の影響と、「北極振動(気圧の変動現象の1種)指数」の正/負など高緯度の影響の組み合わせで暖冬/寒冬が説明される。しかしながら、2011/2012年の冬(画像1)のような場合、両者の組み合わせでは説明できないこともあり、予報という観点からも問題が残っている状況だ。

一方、より大きな空間スケールで見ると、北極の温暖化と対となってシベリアの寒冷化現象がしばしば観測されることがあり、これが地球温暖化の一端として解釈できるのか世界的にも議論の的となっていた。

そこで今回の研究では北極の温暖化が最も著しい冬のバレンツ海に着目し、そこで発生する低気圧の経路が海氷の多寡によってどのように変化し、北極の温暖化とシベリア域の寒冷化にどのような影響を与えているのかが調べられた次第である。

 素朴な疑問に答えてもらいたい。1万3千年ほど前に、ヤンガードリアス寒期が1300年間続いたと言われる。ヤンガードリアス寒期の原因が深層海流の停滞という説を取ると、バレンツ海の海氷が少なくなるということは、深層海流の停滞が起こらず、熱エネルギーがヨーロッパという人跡が入るべきではない北極圏にまでも伝わるということになる。
 2010年04月20日にアメリカ合衆国ルイジアナ州のメキシコ湾沖合80kmで操業していたBP社の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」が爆発して引き起こされたメキシコ湾原油流出事故も、この深層海流を遮断し、気候変動を引き起こすための陰謀説が浮上している。日本みたいな温室にいるとわからないかも知れないが、国際情勢とは食うか食われるかでユダにロスケにアメコーまでが暗躍している魑魅魍魎の世界なのだ。
 しかし、ヤンガードリアス寒期の原因説でさえも、ではなぜ南半球の寒冷化が先に起こったのかが説明できていない。 有力な仮説では、北米大陸への彗星の衝突により巻き上げられた塵による寒冷化が上げられる。

http://yonakamura.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html
深層海流が熱を運ぶ

 このメキシコ湾流は北上しながら次第に温度を下げ、最後はグリーンランドなどから流れてきた海氷によって冷やされて重くなり、海底深く沈み込みます。また、凍結して海氷が作られる場合もあり、その際には水分(原文:塩分)が吐き出されるので海水はさらに重くなります。

 こうして沈み込んだ海水は大西洋の深さ3千〜4千メートルをゆっくりと(秒速10p以下)南へ移動する深層海流となります。この流れはインド洋と南太平洋に別れて北上します。その後はしだいに暖められて上昇し、インド洋北部と北太平洋で表層水になります。やがて向きを変えて南下し、アフリカの南端を回って再び大西洋に戻ります。

 この海洋大循環は一巡りするのに約2千年かかる壮大な流れで、熱帯地方の熱を高緯度地域に運び、地球の気候を穏やかなものにしているのです。

メキシコ湾流が停滞すると……

 この海洋大循環が近年弱まりつつあるのです。すでにメキシコ湾流の沈み込みが30%程度弱まっており、今後さらに停滞するという予測もあります。

 その原因は温暖化によるグリーンランドの氷河の融解です。それによって海表面に淡水が大量に流れ込み、塩分濃度が低下して軽くなるため、海水が沈み込みにくくなるのです。

 もしこれが進行すると、海洋大循環が停滞してメキシコ湾流が今ほど北にまで流れなくなり、特にヨーロッパが寒冷化するという予測があるのです。しかし、こんなことが本当に起こるのでしょうか?……実は、今から約1万3千年前に実際に起こっていたのです。

1万3千年前の大異変

 それは、約10万年続いた最後の氷河期が終わりつつあった約1万3千年前のことです。当時、大西洋では今と同じようにメキシコ湾流が高緯度地域にまで流れ込み、ヨーロッパに温暖な気候をもたらしました。

 ところがその後、わずか数十年の間にヨーロッパは急速に寒冷化したのです。それは、北米大陸で起こったある出来事がきっかけでした。

 当時、現在の五大湖の辺りには氷河が溶けて出来た日本列島ほどもある巨大な湖があり、まだ残っていた氷河によってせき止められていました。それが崩壊して膨大な量の淡水が一挙に北大西洋に流れ込み、海氷面の塩分が薄まったのです。
 
 こうして海水の沈み込みが止まり、メキシコ湾流も停滞しました。その結果、ヨーロッパは約千年にもわたって氷河期に逆戻りしました(注)。

 地球が温暖化し、グリーンランドの氷河が溶けつつある現在の状況は1万3千年前と似ているのです。

 地球が温暖化しているというなら、地球中に温度計を張り巡らせて(深層海流も)、証明してみせよ。日本数学会は、「大学生の24%が平均の意味を正しく理解していない。」と嘆いているが、北大あたりもその口なのか。地熱に放射性核種の壊変以外は太陽エネルギーが大半の熱源で、その太陽エネルギーが減っているというのに、温暖化が進むというのなら、できるもんなら理路整然と説明してみせよ。我田引水の誤用学者の一私見を定説として取り上げる地球温暖化陰謀の底知れぬ邪悪さに寒気がする。

“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ [単行本(ソフトカバー)] / H スベンスマルク, N コールター (著); 桜井邦朋, 桜井邦朋 (監修); 青山洋 (翻訳); 恒星社厚生閣 (刊)地球環境46億年の大変動史(DOJIN選書 24) [単行本(ソフトカバー)] / 田近 英一 (著); 化学同人 (刊)今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機 [単行本(ソフトカバー)] / 丸山 茂徳 (著); ベストセラーズ (刊)「地球温暖化」論に騙されるな! [単行本] / 丸山 茂徳 (著); 講談社 (刊)眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社新書215) [新書] / 桜井邦朋 (著); 祥伝社 (刊)
posted by cnx at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 全球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック