2012年04月03日

犬HKの地球温暖化詐欺番組 再洗脳

NHK温暖化詐欺.jpghttp://www.nhk.or.jp/ecochan-blog/400/114887.html
http://www.nhk.or.jp/archives/premium/next/index.html
http://kic.web.infoseek.co.jp/needs_seeds/NHK/Climate/index.htm 犬HKのBS3で、「プレミアムアーカイブス」として、6年前の地球温暖化詐欺の洗脳番組「気候異変」、「北極大変動」が今週一挙に放送されている。副題まで入れると、あまりのおどろおどろしさに思わず洗脳されてしまいそうだ(笑)。
「気候大異変 第1回「異常気象 地球シミュレータの警告」
「気候大異変 第2回「環境の崩壊が止まらない」
「北極大変動 第1集「氷が消え悲劇が始まった」
「北極大変動 第2集「氷の海から巨大資源が現れた」


 放送の前後に、
「この番組には、紛らわしい嘘や過激な表現、不適切な例示がなされていますが、温暖化利権に狂奔した時代的な背景を考え、当時の洗脳番組のまま放送します(しました)。」
というお詫びのコマを入れるべきである。

 スーパーコンピューター「地球シミュレーター」で計算したとか、舶来神話なのか、専門家に何とかいうIPCCの髭毛唐を登場させて説明させている。しかも、下手な三文芝居のように悲壮な音楽と、受信料を無駄に使ったCGとかを駆使した中身のないインチキを並べ立てていたのである。あまりの馬鹿馬鹿しさに、午前中は見れないので、深夜に見たら睡眠不足になってしまった。

 しかも、環境省のあの詐欺師、原子力安全委員会のデタラメ委員長と同じく、地球温暖化村の住人、江守正多は、国立環境研究所地球 環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長の肩書で、棺桶から出てきたゾンビのように、無反省で6年前の大嘘を並べていた。愚民を再洗脳して、その茶髪の下の脳味噌も地球温暖化利権で染まっているのだろう。
http://www.nies.go.jp/rsdb/seika_list.php?researcher_id=100101&type=shijyou

 下のフラッシュのデーターが現在のデーターと著しく違っているが、まずそれを説明するのが科学だと思う。しかも、この江守正多の多額の税金を使ってスーパーコンピューターを使った気候シミュレーションなるものが、下駄で天気を占うようなスーパーコンピューターを使った天気占いだということが暴露されている。研究者だと称するのなら、まともなモデルとパラメーターを公開し、議論すべきと思うが、そうではないか?
http://www.team-6.jp/cc-sim/

http://www.env01.net/frommanager/2006/fm2006_6.htm
NHKスペシャル気候大異変の内幕

 連載『気候シミュレーションとは何か』は、HP公開までにとりあえず私自身が納得できるまで中本教授と意見交換を行い内容を検討しながら進めていますので、多少公開のペースが遅いのですが気長にお付き合い下さい(また、中本教授の裁判も佳境に向かいつつあり、これも影響しています。)。
 これまでの所で最も興味深かったのは、本来気候予測の数値モデルは確率過程としてモデル化すべきものであるという点です。我々の持っている気象に関する観測値は、時空的に離散的なものであり、既に現象の直接的な物理的な情報ではなく気象を確率過程とした場合のサンプルに過ぎないのです。
 近年解像度が上がったと言ったところで所詮全球モデルの水平メッシュサイズは数10km〜数100kmオーダーという極めて粗いものに過ぎないのです。これだけをみても物理現象としての気象現象を再現するなどと言うのはほとんどお笑いです。
 便宜的に流体の物理的な表現である偏微分形式で表された非線形の運動方程式(Navier-Stokesの方程式)を基に気候モデルは作られています。
 まず第一の問題は、非線形な形で与えられた運動方程式の解を厳密に解くことは出来ないことです。そのため、非線形項には適当な数値を与えることで、近似的な線形方程式系を代数的に解くことによって近似解を求めるしか術は無いのです。この件に関して、かつて国立環境研究所の江守氏に疑問を呈したところ、彼はこう述べていました(本HP所収「二酸化炭素地球温暖化脅威説批判/§5気候予測数値実験)。

- 気候モデルでは、非線形方程式を非線形のまま離散化して解いています。大気モデルでは、普通収束計算は行いません。海洋モデルでは収束計算を行うものもありますが、それほど数値的に難しいものではありません。全般的に言って、数値計算の技術的な問題が無いわけではないですが、モデルの難しさの源としては、パラメタ化の難しさの方がずっと大きな割合を占める、というのが私の認識です。

 この彼の『非線形方程式を非線形のまま離散化して解いています。』は全くの虚偽なのです。正しくは線形近似による線形方程式系を代数的に解いているに過ぎないのです。非線形問題の場合、線形近似に繰り返し計算を組み合わせて数値解を厳密解に収束させるという手法が使われます(例えばよく知られている収束計算の手法にはNewton-Raphson法があります)。
 非線形性の強い問題では収束計算を行わないことによる誤算蓄積によってとんでもない結論を得ることになります。Navier-Stokesの方程式の非線形項の影響は残念ながらそれほど小さくなく、収束計算を行わずに時間追跡の繰り返し計算を重ねれば重ねるほど現実とはかけ離れた結果になることは明らかなのです。私の実感としては、現在の日本周辺の気象予報の実用的な予測期間は1〜2日が限度だと考えます。
 大気中の気象現象をみれば、体感的に天候の急変や突発的な気象現象は日常茶飯事であり、大気運動の非線形性はきわめて強いと実感できますし、それどころか不連続線(例えば前線)や特異点(例えば低気圧)もごく普通に存在するのが現実の気象現象なのです。数値モデルではこれらを物理現象に沿った形で再現することは全く不可能です。
 数値モデルで気象を物理現象として長期間にわたって模倣することは不可能だとわかりました。数値モデルに何らかの意味があるとすれば、モデル計算の結果に確率過程として気象現象を表現出来ることが最低の条件になります。この場合重要なのは単に解(例えば温度)の平均値だけでなく、分散や歪度、尖度などの高次の統計量が気象観測の実測値をうまく模倣できない限り、確率モデルとして実際の気象や気候をうまく模倣できていることにはならないのです。中本教授の報告にあるとおり、残念ながら現在の数値モデルは高次の統計量を全く再現できないのです。

 さて、気候シミュレーションに関する今年最大の話題はそのインパクトの大きさから、掲題のNHKスペシャル『気候大異変』と言ってよいでしょう。
 番組では、冒頭に2004年3月にブラジルを襲った熱帯性と思われる低気圧カタリーナ(catarina)の発生を1年前に地球シミュレーターが予測していたことを以って、地球シミュレーターの正しさを誇示していました。後は2096年に巨大台風が日本を襲うだとか梅雨がどうなるなどと、まるで明日の天気予報のような調子で語られました。
 ちょっと待ってください。1週間先の天気予報を『信じる』人などほとんどいない現状の気象予報なのに、1年先や100年先の局地気象が予測できるはずが無いのです。こんなことは当たり前です。一体どうしてこれほどまでに人は権威に騙され易いのか、私には理解できません。
 本当に1年前に局地気象を予測できるのなら、これを防災情報として最大限活用すべきでしょう、皆さん?気候シミュレーションに関わっている研究者は口が裂けてもそんなことは絶対言いません、なぜか?それは1年先の予想など不可能だと彼ら自身が最もよく知っているからです。
 それにもかかわらず、この番組を仕組んだNHKとこれに協力したと言われる国家機関の研究者たちの世論誘導は極めて悪質だと言わねばなりません。たとえ、番組が採用した気候シミュレーション結果が実際の計算結果であったとしても、です。


温暖化論のホンネ ~「脅威論」と「懐疑論」を超えて (tanQブックス) [単行本(ソフトカバー)] / 武田 邦彦, 枝廣 淳子, 江守 正多 (著); 技術評論社 (刊)間違っている!日本の環境戦略―日本人は「欧米の地球温暖化詐欺事業計画」に騙されている [単行本] / 北川 浩一郎 (著); 日新報道 (刊)NHKスペシャル 気候大異変―地球シミュレータの警告 [単行本] / 江守 正多, NHK「気候大異変」取材班 (著); 日本放送出版協会 (刊)地球温暖化の予測は「正しい」か?―不確かな未来に科学が挑む(DOJIN選書20) [単行本(ソフトカバー)] / 江守 正多 (著); 化学同人 (刊)
posted by cnx at 17:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 全球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 NHKには、貴重な番組ですので、厳重に保存して、後世に伝えるようにお願いしたいです。
 「イケ面の科学者」が云っていることも一言も漏らさず残して下さい。 
 後世には、この時代の日本とは、如何にアホだったかを知ってもらうのが大事です。 
 NHKは、いくらBBCの真似をしても、二流ですね。 BBCの「The Incredible Human Journey」を観れば、人類が、数十万年前から、過酷な大自然の気候変動に順応して、今日の文明を築いたかを知ることが出来ます。 大自然の成り立ちも知らずに、コンピューターゲームで知り得た架空の世界を大自然と信じている「イケ面」には分かり得ない本当の「科学」の世界があるのです。
 Dr.Alice Robertsの爪の垢でも煎じて飲めば、「科学」の何たるかを思い知るのにね。 彼らのやっていることは、お笑いにしかならない哀しい「科学」です。 
Posted by とら猫イーチ at 2012年05月26日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262071345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック