2012年07月24日

ホームズ対バットマン無差別殺人事件

JamesHolmes(24).jpg

 20日未明、コロラド州オーロラの映画館でバットマンシリーズの最新作「ダークナイト・ライジング」を上映中に、バットマンの敵役、ジョーカーを気取ったコロラド大学で脳神経科専攻の大学院生ジェームズ・ホームズ(24)が観客らに無差別に発砲して12人を殺害した。

 こういう無差別殺人事件が起こると、銃規制を厳しくという解決とは反対方向方向の議論に世論を誘導していく勢力が台頭する。しかし、銃規制が厳しい日本でも、数多くの無差別殺戮が起こっている。銃規制は全く関係ない。

都井睦雄.jpg 昭和13(1938)年05月21日、岡山県苫田郡西加茂村大字行重で、都井睦夫(当時22)が、自宅で寝ていた祖母の首を斧で切断し、続けて改造猟銃と日本刀で次々と村の家族を襲撃。計12軒の家を襲撃し、30人を殺害。わずか2時間足らずの間に、たった1人でこれほどの大量殺人を行ったのは、世界的にも例がない大量殺戮を引き起こしていた。
 昭和57(1982)年02月09日、羽田空港沖に着陸直前の日本航空350便(JL350)が片桐清二機長(当時35)が行った逆噴射により墜落し、乗客24名が死亡、乗務員を含む149名が重軽傷を負った羽田沖逆噴射殺人事件が起きている。片桐機長は精神鑑定の結果、妄想型精神分裂症と診断され不起訴処分になって、悠々自適の身の上である。
http://cnxss.seesaa.net/article/140688715.html
 最近では、平成20(2008)年06月08日に東京都千代田区外神田(秋葉原)で発生した通り魔事件が記憶に新しい。加藤智大(当時25)は、トラックを運転し交差点の赤信号を無視、青信号を横断中の歩行者5人を跳ね飛ばした後、トラックから降りて、道路に倒れこんだ被害者、救護にかけつけた通行人、警察官ら14人を、もっていたダガーナイフで次々と殺傷。 わずか10分足らずで、7人が死亡し、10人が重軽傷を負う大惨事となった本事件は、通り魔事件としては、過去30年で最悪の事件となった。

 アメリカでは南朝鮮人による銃乱射事件が繰り返されており、平成19(2007)年04月16日には、バージニア州ブラックスバーグで、朝鮮人、チョ・スンヒ(23)が、33人(教員5人、チョを含む学生28人)を殺害したバージニア工科大学銃乱射事件が起こっている。平成09(1999)年に起こったコロンバイン高校銃乱射事件(15人(教師1人、犯人2人含む)死亡)の記録を塗り替えたアメリカでは最悪の犠牲者数になった。今年04月02日、カリフォルニア州オークランド、オイコス神学大学で、朝鮮人、コ・ウォンイル(43)が授業中の学生に銃を乱射、学生に壁を向いて立つよう命じた後、45口径の拳銃で1人ずつ殺害し、計7人が殺害し、3人が負傷している。
 平成23(2011)年07月22日、キリスト教原理主義者のアンネシュ・ブレイビク(当時32)は、ノルウェーの首都オスロ政府庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件が連続して引き起し、政府庁舎爆破事件により8人、銃乱射事件により69人、両事件で77人を殺害し、ウ・ポムゴンは、昭和57(1982)年04月26日から翌日にかけて、南朝鮮慶尚南道宜寧郡で57人(55人、56人、61人などの説もある)を殺害、35人に重軽傷を負わせた記録を塗り替え、短時間大量殺人の新記録と言われる。

 これらを食い止めるには、犯人を周りで取り押さえるという一般市民の連携が必要であり、犯罪の抑止力が働く。しかし、諸外国ではそういった英雄的な行為に及ぶ人たち(バットマン)はいそうでも、腑抜けの日本ではそうはいかない。秋葉原の加藤智大の事件でも、携帯で写真や動画を取るだけで、自分のことではないように遠巻きに見物していたと言う。日本は廃刀令とGHQの洗脳により、腑抜けてしまった。いざというとき、誰も助けてくれないし、警察も交通切符は切っても、パチンコ利権にどっぷりで浸かっていて支那朝鮮は助けても日本人は無視する。自分と家族の身は自ら守る。その心構えが必要であり、日々、帯刀、武装(現在なら軽機関銃にM79くらいは必要)していてしかるべきであり、いざというときは命を投げ出す覚悟が必要である。日常的に武装していれば、上記の殺戮は防げたのである。これは異論が挟みようがない。

 今回、銃規制しか結論のない、選挙目当てのオバマが出てきて、過剰なパフォーマンスに笑止どころか不快ですらある。

 ジェームズ・ホームズとは、ジェームス・ボンドとシャーロック・ホームズを折衷した名でふざけている。Mやワトソン君はジェームズ・ホームズの味方だろうか?やはり蝙蝠男の方か?


津山三十人殺し―村の秀才青年はなぜ凶行に及んだか [単行本] / 筑波 昭 (著); 草思社 (刊)津山三十人殺し 最後の真相 [単行本(ソフトカバー)] / 石川 清 (著); ミリオン出版 (刊)津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇 (新潮文庫) [文庫] / 筑波 昭 (著); 新潮社 (刊)

シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-BOX 1シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-BOX 2シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-BOX 3シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET1 / ジェレミー・ブレット, デビッド・バーク (出演); サー・アーサー・コナン・ドイル (原著); パトリック・ゴワーズ (その他); マイケル・コックス, ジューン・ウィンダム・デービズ (プロデュース)【完全数量限定】 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム ブルーレイ(2枚組) スチールブック仕様 [SteelBook] [Blu-ray] / ロバート・ダウニーJr., ジュード・ロウ, ノオミ・ラパス, ジャレッド・ハリス, レイチェル・マクアダムス (出演); ガイ・リッチー (監督)シャーロック ホームズ テイータオル完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻 [単行本] / 偕成社 (刊)緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫) [文庫] / アーサー・コナン・ドイル (著); 日暮 雅通 (翻訳); 光文社 (刊)シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫) [文庫] / アーサー・コナン・ドイル (著); 日暮 雅通 (翻訳); 光文社 (刊)シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫) [文庫] / コナン ドイル (著); Arthur Conan Doyle (原著); 延原 謙 (翻訳); 新潮社 (刊)
posted by cnx at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Am | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック