2011年08月04日

朝鮮匪賊による日本腐蝕と高岡蒼甫事件


 日本は、晩年は娘の嫁ぎ先のユダヤ人宅で執事としてこき使われたペリーなど侵略者の毛唐の闖入により、朝鮮・台湾に日本の多大の税金を投入して、原始状態だった朝鮮土人などを開化させた。特に外地での日本人は給与が高く、優秀な人材が外地に渡ってしまっていたのである。このため、昭和恐慌では、東北などで娘の身売りを村役場が斡旋するなど悲惨な事態になっていたのである。

 ところが、恩知らずの朝鮮土人は、
http://www.geocities.jp/cnxgeo/
 昭和27(1952)年01月18日、大韓民国(韓国)大統領・李承晩日米の抗議も拘わらず国際法上の慣例を無視し、下朝鮮の酋長、李承晩 は、一方的に「李承晩ライン」を設定した。
 第一大邦丸事件など、13年間の下朝鮮(南朝鮮)政府の海賊行為による日本人抑留者は3929人、拿捕され た船舶数は328隻、死傷者は44人に上る。
抑留者は6畳ほどの部屋に30人も押し込まれるなどの劣悪な抑留生活を強いられ、抑留期間も数年間におよんだ。
 李承晩ラインの問題を解決するにあたり、下朝鮮の圧力に屈した日本国政府は、日本人抑 留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日下朝鮮・北朝鮮人472人を収容所より放免し、在留特別許可を与えた。

 不法移民の「在日」という工作員を送り込んだ。朝鮮総連というのは、共産党の下部組織である。社会党や公明党、自民党の一部、民主党という朝鮮人政党を使い、「在日」に生活保護や児童手当を与えている。外国の不法移民を日本人より優遇しているのは、有史以来地球上で、日本という餌食になった腐蝕国家以外にはない。

 インチキ反日教育により土民を洗脳している特亜(支那・朝鮮)では、日本なくしては過去の営為も現在の地位も未来の夢もないにも関わらず、日本を貶め続けている。日本領の竹島を日本から盗み、占拠を続けている。ハーグの国際司法裁判所に下朝鮮が出廷を拒否しているのをあげるまでもなく、日本領であるのが自明である。ゴキブリ不逞朝鮮人は、狂犬支那人の台湾海(東シナ海)やフィリピン海(南シナ海)での主張と同じく、日本海に眠る海底資源のためである。

 何と、朝鮮ゴキブリは、高速鉄道で正面衝突事故を起こしていた。

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-765.html#comment
 千年もの長い間中国の属国として低い身分にあったため、その反動として低い身分の者や貧困者、弱者などに対して「上の者が下の者
を見下すのは当然のこと」と考える民族的傾向が定着しています。
逆に日本人は弱者に手を差し伸べる仏教的慈悲の心が身についています。

だから両国の外交を見れば一目瞭然です。日本は戦前の併合はもちろん
のこと戦後も世界最貧国の韓国を巨額の資金援助で何度も助けてきました。しかし韓国はそれらの事実を国民に知られることを恐れて、全てを覆い隠し、国民を洗脳してきました。つまり真実を知れば弱者になって日本が上位になってしまうからです。

 このように朝鮮族は異常なほどの劣等感を偽物の優越感で覆い隠して生きてきたのです。韓国式のビジネスも常に上位になるような営業戦略を構築します。

 教育も「世界でもっとも優秀な民族」であるとか、「5千年間独立を保った誇らしい文化大国」などの大嘘で子供の頃から教育されています。このように教育しないと短期間で奇跡の発展に説明がつかないからです。

 つまり併合前、朝鮮族の先祖は乞食同然の生活をしていた惨めな歴史を消し去りたいのです。韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられた事実を消し去りたいのです。

 韓国では1993年高速鉄道の国際入札が行われました。日本も形だけは参加しましたが、受注する気はあまりありませんでした。なぜなら過去多くの日本企業が製品を納入した後で必ずクレームをつけられ請求書通りお金が入ってきたことがありません。

 それだけではなしに下手をすると値切られるだけでなくそれ以上の損害賠償をとられる始末でした。そのトラウマで企業も政府も腰が引けていました。

 韓国も少し賢くなり世界が見え出した2003年以降 日本に対する貿易の完全開放が行われ 日本の大手企業が積極的に韓国進出を計ってきました。電子、自動車、化学、流通等、投資形態も企業引受、合弁投資、販売法人など形態も多様化しています。

 しかし高速鉄道の入札が行われた1990頃は先行した日本の中小企業群の多くは騙され痛い目に遭っていました。それも韓国語が出来る在日朝鮮人の企業たちまでも騙されていました。

 だから1993年の韓国高速鉄道の国際入札にはあまり積極的ではありませんでした。途中で日本側は下りてしまいました。初めから日本はダシに使われるだけで、決める気が全く無いことが分かったからです。

 途中で下りた日本側に韓国政府は面子を潰されたと激怒、しまいには入札が決まる最後まで残って欲しいと懇願する始末でした。

 フランスTGVを導入した韓国新幹線は開業前、試験走行中のトラブルが
頻発したために技術協力を日本側に要請しましたが、根本がフランスTGV方式を採用しているため技術的な協力のしようがなかった。

 2004年営業運転開始以降も小さなトラブルが続出、大きなトラブルでは2007年世界初の正面衝突事故 幸いにも死者はなかった。

 60億ウオンを投じて導入した自動改札機が誤作動を頻発、撤去した結果無賃乗車が急増、2009年枕木約15万3000本が全て不良品だったことが確認された。

 車体下のモーター減速機の固定部に亀裂が入り脱落寸前、危機一髪でした4。2011年運行中の列車がトンネル内で6両脱線、原因はポイント(分岐器)の問題です。このように現在でも大小取り混ぜてトラブルが続発しています。

 しかしその後国産化を急ぎ、このような欠陥新幹線をあつかましくもアメリカやブラジルに技術の売り込みをしていたのです。この精神は全く中国人と同じです。


 また、鳩山由紀夫や菅直人が北朝鮮による国家テロの拉致実行犯の関係団体に巨額の資金を流していた戦後最大の事件を隠蔽しているテレビ局や朝日新聞や毎日新聞など売国奴を全員処刑しないと日本が滅びる。


 このことを報道したのが、関西テレビのアンカーであり、たかじんの委員会は読売テレビで、これが関東の蛆テレビ、日本テレビに相当するのはどうしたことなのだろうか。東日本はこれからも地震の影響、被曝の影響が憂慮されることもあるので、保護国にして、戒厳令を敷くべきであろう。



 07月23日、反日創価タレント宮崎あおい(25)の夫の高岡蒼甫(29)がツイッターでつぶやいた「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」というツイッターが、蛆テレビ(フジテレビともいう)、高岡蒼甫は、下朝鮮に対する批判ではなく、国の一大事時にどさくさ紛れに欺いて偏りを見せてる今の体制への嫌悪感から、日本を引っ張っている人間たちに対する抗議のために発言したと言っている。別段、過激な内容でもなく、常識的なつぶやきなのに、朝鮮への反感と、蛆テレビなどマスゴミへの不信から、燎原の火の如く拡がって行った。しかし、マスゴミはこのことを決して報じたりはしない。07月24日正午にアナログ放送が停波になったのと無関係ではないだろう。これを機会にテレビを捨てた人も多い。今回の震災と被曝でのマスゴミのインチキ報道に業を煮やしている人も多いのである。

 所属事務所のスターダスト・プロモーションとの間で話し合いがもたれたが平行線に終わり、高岡蒼甫は一方的に解雇となった。ワイドショーの報道は高岡蒼甫だけを批判する内容に終始し、全てを宮崎あおいとの離婚の方へ誘導している。08月01日の午前、ツイッターで宮崎あおいと連絡が取れていないことを明かした。

 田母神俊雄元航空幕僚長は「テレビで韓流ドラマが一日中流れていることに私も違和感を感じています。公共の電波を使って韓国の情報戦略に協力することは止めてもらいたい。」ふかわりょうはJ−WAVEで「あるテレビ局が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあった。」、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う。」、「ある局がお金をもらってK−POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは決定的に違う、CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある。」と論評。中田宏元横浜市長は、ツイッターで、「正論言ってるよね。ずっとそう思ってた。一体どこの国のテレビって感じ。」と高岡さんを支持。中山成彬元国交相は、ブログで「乗っ取られているテレビ界の内実を知って我慢ができなかったのでしょう。」と書き込み、高岡蒼甫からメールを受け取った片山さつき参議院議員は「彼が提起し皆さんが共有する危機感に焦点を当て、攪乱勢力を排して行きましょう!」と攪乱勢力と対峙する姿勢を示した。高城剛は、「少しでもメディアに出て発言力がある人たちは、この国難の際にこそ、自分の立場や意見をキチンと表明することが、いまなにより多くの日本人に求められているはずだ。」と書いた。

 その後も高岡蒼甫は「今回の事でもわかるようにマスコミは捏造を繰り返しています。都合のいいようにしか書きません。」とマスコミを非難する発言を行った。人権救済法案、人権侵害の国際通報制度、自治基本条例、住民投票条例をマスメディアが報道しない日本人に知らせなくてはならないものであるとして、日本を守るために早急に覚えるべきであると訴えている。マスメディアに「自分の精神状態の話や嫁の話も取り上げれるなら、更に国民に知らせるべき事も大きく知らせて頂きたい。人権擁護法案お願いしますね。」と呼びかけ、ツイッター閲覧者には外国人参政権、人権侵害救済法案反対の署名を呼びかけている。
http://twitter.com/#!/tkok_sosk_8228
http://blog.livedoor.jp/tkok_sosk_8228/



 蛆テレビ 株式の外国人直接保有比率は28.59%。電波法違反の外国人直接保有比率は20%の上限を超えている。犯罪者で服役中の堀江貴文(ホリエモン)が蛆テレビの買収に参入したのは記憶に新しい。この後、朝鮮人孫正義のソフトバンクが出資して乗っ取っている。禿げという異名で呼ばれることが多いこの朝鮮禿げ孫は、ヤフーの日本法人で商売を行う際、支那系と騙した。北朝鮮の犯罪者養成組織の朝鮮大学校からの新卒採用が最も多いし、在日朝鮮人への特別割引まで存在する。染織技術がなく、いつも糞と泥で汚れていた朝鮮人を彷彿とさせる白を基調とした携帯電話を売り込み、朝鮮人が最も下等と考えている犬と黒人をCMに使っている。その次に、売国奴の朝鮮人、菅直人と組んで、朝鮮製の太陽光パネルでまた日本人から金を詐取しようと暗躍している。そのため、蛆テレビがひどくなったのは孫が買収し、露骨な洗脳操作を始めた後である。
 他にも日本テレビが電波法違反である。電波法違反でも、NHKをはじめ反日亡国マスゴミの免許停止を行わない無法国家である。日本のテレビ局に対する電波利用料はわずか7億円である。この事実を特に東夷のトーキョーでは、マスゴミが報じたりは決してないのでる。

 朝鮮ゴキブリ政権南部は、国家ブランド委員会やVANKという工作機関が世界中で、汚い反日活動をしている。 K−POPとゴキブリの巣内では、違法コピーもあり30万枚しか市場がない。嫌いな筈の日本に寄生して、反日活動をしているのだ。敵朝鮮ゴキブリは、電通などの手先を使い、金・女・覚醒剤、そしてヤクザを使い、非合法に日本に巣くい、食い物にして、しかも宿主を馬鹿にしている。この実態を「K−POPブームは韓国政府が動いてる。」、「広告会社に言って、YouTubeなどに載っている動画の再生回数を増やしている」と暴いた木村太郎は蛆テレビにより干されている。日本では、朝鮮や反日勢力により、言論の自由がない情報統制国家に成り果てている。ミンス党政権になって、より一層露骨化してきた。

 高岡蒼甫は、「高蒼甫」という在日朝鮮人で朝鮮人ヤクザと付き合いが噂されたりと、とにかく、印象が悪かった。しかし、今回の件で見直してはいるが、全幅の信頼を寄せているわけではない。これは、朝鮮人妻をもつsengok38こと一色元春も同じである。なんと、wikipediaに当ブログが引用 [2]に掲載されている。当ブログは週刊新潮を引用しただけなのだが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%89%B2%E6%AD%A3%E6%98%A5

 反蛆テレビ、高岡蒼甫側には工作員が紛れ込んでいるが、少なくとも、蛆派は朝鮮売国奴であるのは間違いない。売国奴検出試薬に使える。この日曜に蛆テレビにデモが呼びかけられ、スポンサー企業の代表として花王に不買運動が掛けられている。

 売国奴 茂木健一郎、浜村淳、江川紹子、ロンブー田村淳、花王



 「嫌韓流」は1冊千円と比較的安いので、それぞれ数冊買って周りに配り拡散しているが、日暮れて道遠しである。地球上から、支那・朝鮮・露西亜・亜米利加が絶滅しますように。

マンガ嫌韓流 [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ) [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック) [単行本] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック) [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)続きを読む
posted by cnx at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

暴虐支那 拘束鐵道事件


 国鉄改革三人組の1人で民営化を成功に導いた現JR東海会長(当時社長)の葛西敬之は「中国に新幹線のような最先端技術を売ることは国を売るようなものだ。」とまでいって断固反対していたにも関わらず、売国奴のJR東日本、川崎重工、トヨタなど東日本に位置する東夷が日本はブラックボックスなしの東北新幹線技術を支那に売り渡した。技術供与料やロイヤルティーを支払うことなく公然と技術を盗用する不逞土人=支那に川崎重工らは技術供与契約を交わすに当たって支那に「全ての技術を公開する。」と約束してしたのである。

支那拘束鐵道事件

 支那浙江省温州市の甬台温旅客専用線(杭福深旅客専用線の一部)で平成23(2011)年07月23日午後08時34分頃、浙江省杭州市杭州駅発福建省福州市福州南駅行きの高速鉄道「和諧号」D3115列車(CRH1B、編成番号:CRH1-046B。乗客1072名。定員は1299名)が、事故現場から32km南で落雷を受け動力を失い、事故現場となる温州市双嶼近くの高架橋上のトンネル手前で停車していたところに、現場北方から走行して来た北京市北京南駅発の福州駅行きのD301列車(CRH2E、編成番号:CRH2-139E。乗客558名。定員は630名)が後ろから追突。列車の先頭4両(最後尾のみ一等車・その他は軟臥車)とD3115列車の15両目(二等車)および16両目(一等車・先頭車)が脱線、D301列車の先頭4両は、高さ20数mの高架から落下し、その内のD301列車第4号車は高架脇から垂直に宙づりになった。

 今回追突した高速鉄道車両「CRH2」は川崎重工業が東北新幹線「はやて」に採用されたE2系車両をベースに技術指導して中国南車が製造したもの。ちなみに「CRH」はチャイナ・レールウェー・ハイスピードの頭文字をとったもので、「CRH1」はカナダのボンバルディア、「CRH2」は日本の川崎重工、「CRH3」はドイツのシーメンスからそれぞれ技術供与を受け支那の車両メーカーが国産化したことを表していると言う。今回の事故は川崎重工の「CRH2」がボンバルディアの「CRH1」に追突して発生した。

 葛西敬之会長の危惧通り、06月末、支那共産党90周年の年のために時速380キロという世界最速の北京−上海高速鉄道(支那新幹線)を開業したが、その際、世界最速の時速380キロで走行する新幹線車両「CRH380A」の車両技術について支那はが21件の国際特許出願の手続きをアメリカなどで始めていた。「CRH380A」の車両技術は追突事故を起こした「CRH2」と同様、川崎重工が東北新幹線「はやて」(E2系車両)をベースに技術供与したで、支那はこれを「独自開発した。」と主張しているが、川崎重工は「モーターの出力を上げただけでE2系と基本的な構造に変化はない。」と、恥知らずの支那は日本の新幹線技術を盗用したのである。それどころか、暴虐支那の人でなしは、「いまや日本の技術を上回る。」と豪語し、海外輸出にも乗り出した。

 「CRH380A」が走る北京−上海高速鉄道(支那新幹線)では開業して間もなく車両用の電線架線、パンタグラフ、車両牽引システムなどが故障する事故が相次いでいる。これは南朝鮮のKTXという拘束鐵道でも同様である。事故を起こす前、支那の拘束鐵道の建設に携わった技術者は、汚職により資財が定格以下であり、「高速鉄道には自分は絶対乗らない、友達にも乗らないように助言する。」と公言している。前年、1億8700万元(約22億円)が建設業者などによって横領されたとされる。支那鉄道省の科学技術局長だった周に至っては、時速380q/hの営業速度を実現したことに対し、「安全上の考慮を無視し日独が試験走行で達成した速度での営業を命じただけだった。」、「自分の技術ではないので問題が起きても解決できない。結果の甚大さは想像もできない。」と証言していた。

 世界の多少知識のある者は、当然、私も、いつ支那で大事故が起こるか、予想していた。別に目新しいことではない。支那では、事故発生前日の07月22日未明、河南省信陽市の京珠高速道路で長距離寝台バスの炎上し41人が死亡している。数万人だろうが、数百万人だろうが、暴虐支那では大した問題ではない。



 鉄道省の25日の発表では、確認された事故の死者は36人、負傷者は192人という(その後死者41人)が、誰も信じていない。実数数百人と言われる。事故に遭った車両は、24日午後までに、証拠湮滅のために事故車両を破壞し、事故現場の高架下にすべて埋められ、埋められなかった車両は中国鉄路の車両基地に搬送された。しかし、鉄道省の事故原因の報告以降、事故原因の究明は一切されていない。埋め立て作業開始となる生存者捜索打ち切り時に救助隊員の1人が反対し、1人で捜索を行い事故から20時間後に2歳の女児、項〔火韋〕伊が救出されたが結局捜索は打ち切られ、埋め立て作業に入ってしまった。生存者まるごと生き埋めにしたと言われる。暴虐支那は他の人類と思考が違うので、同じ人類と考えてはならない。

 07月28日には温家宝国務院総理が自ら事故現場を視察し、病院で負傷者の見舞い、温家宝総理は事故現場で記者会見を行い、「断固とした事故原因の真相究明」を約束したが、誰も信じていない。専制国家、暴虐支那は予想通り、08月01日には、支那共産党の広報部門が、「新聞などのメディアが脱線事故に関する報道をしてはならない。」と言論統制を行っている。

中国鉄路地図集(中国語) [大型本] / 鉄道部辧公庁, 鉄道部運輸局 (編集); 中国鉄道営...
▽【タカラトミー】プラレール イベント限定上海新幹線 わかい号 ベーシックセット(中国高速鉄道)TOMY 100717 / タカラトミー▽【タカラトミー】プラレール イベント限定上海新幹線 わかい号 スターターセット(中国高速鉄道)TOMY 100717 / タカラトミー
関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX [DVD] / 関口知宏 (出演)関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD] / 関口知宏 (出演)関口知宏の中国鉄道大紀行〈1〉最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 ラサ~桂林 [単行本] / 関口 知宏 (著); 徳間書店 (刊)関口知宏の中国鉄道大紀行〈2〉最長片道ルート36,000kmをゆく“春の旅”桂林~西安 [単行本] / 関口 知宏 (著); 徳間書店 (刊)
posted by cnx at 21:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

暴虐支那に新幹線を盗まれた経済動物=日本


 最近、恣蹉のAFPの時事ネタのブログを書こうという気が起きなくなっている。あまりにも、予想通りの結果が出ているからで、過去に書いた内容と寸分違わない論評で、そのまま当てはまってしまう。そこで好奇心を刺激しなくなっている。

 そもそも、支那の新幹線は、平成16(2004)年、JR東日本川崎重工が、青島に拠点を置く支那の国有企業「中国南車」(CSR)と契約を結び、新幹線の「はやて」9両編成分を輸入し、支那で日本の技術を利用して計51両を製造したものだ。車両購入条件として支那は図々しくもブラックボックスのない完全な技術供与を求め、支那に提供した技術は支那国内だけで使い、他国へは輸出しないという空手形を出した。ところが、予想どおり、CSRは、「CRH380A」を
支那の独自技術の結果だと主張し、米国やサウジアラビア、ブラジルなどに売り込もうと国際特許を申請している。支那は不正にスパイやハニートラップなどで技術を盗んでもいる。暴虐支那に恥とか倫理なんかないのだから、金の亡者のJR東日本と川崎重工はとことん馬鹿の売国奴である。

 まともな頭脳と支那の分析能力が小学生程度でもあれば、支那の今回の出方は予測できた。事実、JR東海の葛西敬之会長は、「中国は全ての技術を無料で移転しようとした。」と新幹線の対支輸出を拒んだ。

 ヤマハ発動機は、平成17(2005)年12月にGPS内蔵で農薬散布用だが、軍事転用可能な無人ヘリコプター「RMAX TypeUG」の改良型「L181」を、支那の航空写真撮影会社である「北京必威易創基科技有限公司 (BVE) 」を介して人民解放軍に不正輸出し、ラジコンヘリや技術情報が支那に流れ軍事転用されている。

中国艦隊が無人機搭載 日メディア驚愕
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-06/30/content_22893595.htm 
日本自衛隊がこのほど沖縄近海を通過した中国の艦艇11隻を追跡したところ、これまでに確認されたことのない小型無人機を発見した。これには世界のウォッチャーも驚いた。詳しい内容は次の通り。日本の英字誌「 The Diplomat」電子版が26日、伝えた。

 日本というアメリカのGHQにより、国際法違反の占領下における押しつけ憲法により、属国化された国では、銭金でしか物事が動かなくなっている。企業は目先の銭のことばかり考え、道徳もなく、ソニーや日産のように社長だけ高給取りの外国人、パナソニックやローソンのように新卒採用も外国人という売国企業、銭金のために福島県や関東から東海までを放射性物質を拡散させ、被曝させながら、ボーナスを支給する東京電力、北朝鮮からミサイルが飛んできても、格納容器で守られるという幼稚園児の喧嘩のような関西電力という人間以下の企業まで現れている。企業人や官僚など「想定外」という隠れ蓑で誰一人本当の責任を取っていない。日本人は責任者を追求しない優しさというべきか面倒を避ける馬鹿さのために何も進展しない。

 道義、責任や勇気という美徳がなく、自らや子孫の生命や人間としての尊厳を守れないのに、小銭が溜まっても全く意味がない。小銭を貯めようとして却って窮地に立たされ、支那・朝鮮のような特亜の下等動物に堕ちたいのか。タイガーマスクの伊達直人が多数現れたり、善意の募金が集まったり(ただし、大半は中で悪人が抜いているのだが)と、銭金だけで世の中は動いているのではない。必要なのは善意ではなく、力による要求であり、責任の追求と再発の防止である。必要なのは伊達直人でもましてや菅直人でも勝海舟や坂本龍馬ではなく、破壊者である。東北人や福島県民はもっと怒って暴れるべきである。チュニジア、エジプト、リビア、シリア、ソマリアだけではなく、ギリシアやイギリス、フランスなども暴動やデモを引き起こしてでも筋を通している。日本でも今の平和惚けは、暴動を悪と見做しているが、日本でも百姓一揆、新風連の乱、秋月の乱、萩の乱、西南の役、秩父困民党、富山の米騒動と、政治に対し反逆していた。責任者を晒し、九族を誅殺しなければ、ますます地獄に近づいていくだけだ。

 ところが、ミンス党は、東京都港区の広大な土地を支那大使館用地として売却し支那人へのビザ発給緩和した。都心の支那大使館内に武器を集結し、観光客を装った支那兵が、武装し、首相官邸、防衛省、主要新聞社、テレビ局などを占拠すれば、日本の中枢機能が麻痺してしまう。自衛隊は首相の出動命令がなければ動けないことになっているのだ。


 例えば、コンゴという国の成り立ちを見れば、上のような結果になるのは明白であり、南アフリカと同様、南部のアフリカなどというのは、下手に資源に恵まれた上に、貧乏でドケチ極まりもなく、残忍な低地国(ネーデルラント)のベルギーやオランダの植民地になったという悲劇を背負っているのである。しかも、銭金しか興味がないユダヤ人の国である。住人は無知蒙昧な土人ときている。アメリカ大陸の奴隷はこのあたりのアフリカ人が村を襲って売り飛ばした。
 邪腐のブログに書いた歴史をみれば、コンゴがこういう運命になるのは目に見えている。

暴虐な悪魔 レオポルド2世のコンゴ
http://blogs.yahoo.co.jp/cnxgeo/19637828.html
 コンゴの内戦と虐殺の根底をなすのは、アフリカの野蛮さとベルギーの植民地(1908年まではレオポルド2世の私領「コンゴ自由国」)となった不運である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%892%E4%B8%96_(%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E7%8E%8B)
> 1878年、ヘンリー・スタンリーを支援してコンゴ川流域に派遣し、彼にコンゴ地方を探検させた。
> 1884年、アフリカ分割を前提としたベルリン会議に出席し、翌1885年に欧州列強の承認のもと、コン
> ゴ自由国を建設した。
>
> こうしてコンゴを事実上の植民地として支配下(ただしこのときは、国王の個人的支配)においた。
> 当初は財政的に危機状態にあり一度はコンゴを手放すことを考えるほど追い詰められたが、同地で取
> れる原料ゴムの需要が急増したことにより解決した。レオポルド2世は巨額の収入を得て首都とその周
> 辺に豪華な王室宮廷建築を次々と造営した。しかし、そのために原住民に過酷なゴム原料の採取労働
> を課し、ノルマを達成できなければ手を切り落とすなど暴虐的な統治を行なった(数百万人の原住民
> が死に追いやられた)。このコンゴの状況は外部からは隠されていたためアメリカやヨーロッパから
> は先住民の福祉を向上さている慈悲深い君主と思われていた。

 レオポルド2世支配下の20年間に、コンゴの人口は2500万人から1500万人に激減したと推定されている。それから30年後にヒトラーが数百万人のユダヤ人虐殺を行う。ユダヤ人虐殺のことはユダヤ人によって喧伝され、誰でも知っているし、数百万とは大げさだと言っただけで国によっては法律的に罰せられたり、ユダヤ人により葬り去られる。日本でも、マルコ・ポーロ事件が起っている。しかし、レオポルド2世が行ったコンゴでの虐殺の話は、ほとんど誰も知らない。

コンゴの苦しみ 悪魔の国ベルギー王レオポルド 〜人類の悪魔〜
http://www.geocities.jp/shokatusei/Memorial/30000a.html

 べルギーのレオポルド王が世界中の美女を金にまかせてあさったことは有名であるが、そのお金はこのようなコンゴ人民の血で購われたものであった。

「レオポルド王の独白―彼のコンゴ統治についての自己弁護」 マーク・トゥエイン

> もしもレオポルド王によって流された無辜のコンゴ人民の血をバケツに集め、そのバケツを一列に並
> べたら、その長さは2000マイルに及ぷであろう。王の手で餓死させられ、虐殺された1000万の死
> 骸が立ち上って行進を始めたら、一点を通過し終わるのに7ヶ月と4 日間を要するであろう。

> すると、驚いたことには、白人の兵士たちは即座に数名の原住民を銃で射殺した。それから原住民た
> ちをなぐりつけ、「もっとゴムを持ってこい、さもないと皆殺しにするぞ。」と威嚇するのだった。
> すっかり恐れおののいてしまった原住民たちは、そこで携行食料の準備にとりかかった。なぜならゴ
> ムの林へ行くには、往復二週間を要するので、その間村をあけなくてはならなかったからだ。彼らが
> 家の前に座りこんでせっせと出発の支度をしていると、そこへベルギー兵がやってきた。そして怒っ
> て叫んだ。「なんだ、貴様たちは?まだ出かけなかったのか?何をグズグズしているのだ?」
> たちまち銃声がひびきわたり、またもや数人の原住民が、白分の妻子たちの目の前で、あっというま
> に射ち殺されてしまった。妻子たちは泣き叫んで悲しみ、死骸を埋葬しようとしたが、それすらも許
> 可されなかった。今すぐ、直ちにゴムをとりに行け、というのだった。
> 「食物を持たずに?」と彼らは聞き返した。
> 「そうだ、食物を持たずにだ!」と兵士たちはどなった。そこで哀れな原住民たちは、たき火を作る
> ほくち箱の用意すらなしに、手ぶらで出発しなくてはならなかった。森へ行きつくまでの間に、多く
> の者が飢えと夜の寒さとのために死んでしまった。さらに多くの者が銃殺された。
(略)
> 「ゴム採取が始まって以来」と彼らは語り始めた。
> 「兵士たちが余り多勢の人びとを射殺したので、わしたちは死骸を片づける元気もなくしてしまいま
> した。それに、埋葬の許可も与えてはもらえなかったのです。だからわしたちは死体を草地の上へ引
> きずってゆき、そこへ放り出しておきました。このあたりをお調べになれば、まだあと幾百個もの骸
> 骨が見っかりますよ。」

ジョセフ・コンラッド 藤永茂訳「闇の奥」
藤永茂「『闇の奥』の奥―コンラッド/植民地主義/アフリカの重荷 」(共に三交社)
http://pinhukuro.exblog.jp/5521182/
> 下の写真、アフリカの先住民が手に持っているのが何か?
> 手首である。人間の手首をいくつも持っている。
> 右の写真は手首の無い子供。
> 二つの写真は因果関係がある。

> 当然、暴力が必要となり、これまた現地人を人身売買により公安軍として徴集、1905年には
> 16000人の黒人兵員を360人の白人が指揮する軍隊が出来上がる。
>
> 黒人たちが強制労働の苛酷さに耐えられず逃亡したり反抗するのを防ぐばかりではない。
> 強制労働に疲労困憊し多くの黒人が死に至ると、そこの集落を捨てて別の集落に襲いかかる。
> 白人たちが来ると住民たちは先を争って逃げ散るが、足の遅い老人、子供、女が捕まる。
> それを人質にして集落の男たちを呼び戻して力尽きるまでこき使う。
>
> それらの暴虐を通じて銃弾は威力を発揮する。
> 黒人たちも小銃の威力を知ると銃弾の窃盗が跋扈する。
> そこで白人支配者によって考えられた”名案”が
>
> 銃弾が無駄なく人間射殺に使われた証拠として、消費された弾の数に見合う死人の右の手首の提出を
> 黒人隊員に求めた。
>
> 銃弾(闇値もついた)が欲しい黒人たちは、銃を使わずに人を殺すか、生きたまま右手首を切り落と
> すこともやった。
> の結果が上の写真になるわけである。
>
> 当時のアメリカやヨーロッパではレオポルドの巧みな嘘に騙されてコンゴ開発は未開の先住民を教え
> 救う行為と”信じて”いた。
> それを暴き糾弾した人の中にイギリス人宣教師ジョン・ハリスの妻アリスがいる。
> 彼女は当時発明されたロールフイルムを使ったコダックカメラで上の写真を撮り全米49の都市でレ
> オポルドの悪行を暴く講演を行った。
> 同じ頃マーク・トウエインも「レオポルド王の独白」という辛辣な作品を発表、その中でレオポルド
> が、コダックカメラがそれまで隠しおおせてきた残虐行為を明るみに出したことについて「わしの長
> い人生の経験の中で、こいつだけが賄賂で抱き込めなかった。」と悔しがる場面があるそうだ。

エドモンド・モレル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%83%AB_(%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88)
> 海運会社の主任連絡員としてリバプールからベルギーを往復する間にコンゴ自由国から輸入されるゴ
> ムの圧倒的多さに対して、ベルギーからコンゴへ輸出される商品が武器弾薬に限られていることに気
> 付いて調査に乗り出し、1900年からコンゴ自由国の内情とベルギー国王レオポルド2世の圧制を暴露
> して糾弾した。1906年には代表作『赤いゴム』を発表して国際世論を味方につけレオポルド2世を追
> い詰め1908年にコンゴ自由国を消滅させた。

闇の奥 [単行本] / ジョセフ コンラッド (著); Joseph Conrad (原著); 藤永 茂 (翻訳); 三交社 (刊)『闇の奥』の奥―コンラッド/植民地主義/アフリカの重荷 [単行本] / 藤永 茂 (著); 三交社 (刊)
posted by cnx at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

人民を戦車で轢き肉にした天安門事件の現場ではしゃぐ全人代接待係の女ども 暴虐支那の22年


 胡耀邦は、政治改革を押し進めようとが失脚し、軟禁生活を送っていたが、平成元(1989)年04月08日の政治局会議に出席中心筋梗塞で倒れ、04月15日に死亡。胡耀邦の追悼集会が各地に飛び火して拡大し、06月04日に、天安門広場に集結していた10万人の規模の学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、支那人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢き殺した)し、多数の死傷者を出した事件が起こった。支那共産党の発表では、「事件による死者は319人。」となっているが、誰も信じない。数百人から数万人に及ぶなど複数の説があるが、数千人あたりが妥当な線だろう。天安門広場から完全にデモ隊が放逐された後に人民解放軍の手によって死体が集められ、その場で焼却されたという情報があり、事件後に支那共産党によって多くの死体が闇に葬られた。




 ベルリンの壁が崩壊したのは、この年の11月10日。それから22年の今年、北アフリカのチュニジアのジャスミン革命が起き、支那でも茉莉花革命が試みられているが、支那共産党の厳しい弾圧で立ち消えになりつつある。その天安門事件の現場で、季節はずれのサンタクロースでもあるまいに、真っ赤な格好で女がはしゃいでいる。全国人民代表大会という形だけの一院制議会(信任投票のみ)で国家の最高権力機関にやってくる地方の共産党や人民解放軍の幹部の接待係だそうだ。人民を戦車で挽き肉にした場所で飛び上がったり、ピースサインをする感覚は到底理解が出来ない。

 日本史、世界史で意図的に隠蔽されているが、この阿Qの国に辛亥革命で、孫文を始め、匿ったり支援したりしたのは、日本の財閥、民間人、大陸浪人などである。共産支那が成立し、支那が曲がりなりにも近代国家のように偽装できるまでになったのも日本のODAや技術のお蔭なのである。現代支那語も支那の古典ですら日本がなければ存在していない。そんな大恩人に仇なす反日暴虐国家を存続させている日本の気違い沙汰が全く理解できない。特に偽左翼の面々は、支那人民の民主化に命を捧げるべきであろう。恥を知れ。

 歴史とは、支那にとっては政治、朝鮮にとっては捏造、日本にとっては学問であり、阿Qの特定亜細亜と理解し合えることなど永久にないし、来てはならないのだ。

中国の民衆殺戮 義和団事変から天安門事件までのジェノサイドと大量殺戮 (mag2libro) [単行本(ソフトカバー)] / R.J.ラムル (著); China's Bloody Century 翻訳委員会 (翻訳); パレード (刊)中国の民衆殺戮 義和団事変から天安門事件までのジェノサイドと大量殺戮 (mag2libro) [単行本(ソフトカバー)] / R.J.ラムル (著); China's Bloody Century 翻訳委員会 (翻訳); パレード (刊)
北京炎上―天安門事件ふたたび [単行本] / 水木 楊 (著); 文藝春秋 (刊)北京炎上―天安門事件ふたたび [単行本] / 水木 楊 (著); 文藝春秋 (刊)
posted by cnx at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

交通事故にみる、人命も不平等の「共産」支那


 頻繁な車線変更、無理な追い越し、割り込み。人がいようとお構いなくスピードを緩めずに交差点に入ってくる車。加えて、赤信号を無視して横断する歩行者、歩道を飛ばすバイク、自転車…、これで交通事故が起こらないわけがない。2010(平成22)年01月09日、公安部交通管理局が2009(平成21)年に支那で起きた交通事故は23万8351件、死亡者数6万7759人、負傷者数27万5125人と、11年連続で世界一。
 2009(平成21)年日本の交通事故死亡者数は4914人で、最多だった1970(昭和45)年の1万6765人の1/3以下になった。しかも、自動車の保有台数は、日本は約7千3百万台、支那は2008(平成20)年末で約6千5百万台で少ない。2005(平成17)には、死者が10万人だったのが、毎年10%も改善を繰り返しているし、事故件数、負傷者数が極端に少なく捏造としか見えないが、この捏造データーでも、人口当たりの交通事故死者数は、日本の15倍である。

2009(平成21)年02月11日09時25分〜10時20分、首都北京と上海を結ぶ京沪高速で起きた、47台を巻き込む事故(死体や髑髏が燃えている写真がある)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2009/02/200902172103.shtml

 しかも、当事者の意見が一致すれば自分達で解決するというのが支那のやり方で、交通警察や公安は重大事故以外は放置しており、事故が起きると凄まじい数の野次馬が集まってくる。大抵の場合、事故の原因を巡って当事者の感情は昂ぶっているので、そんな所に外国人が1人でいるのは極めて危険で、加害者だろうと被害者だろうと、速やかに現場を離れるのが鉄則である。警察が駆けつけて事故証明を発行してくれる日本と違い、その場の話し合いで何かを要求し、相手に過失を認めさせなければ、後になって得られるものはない。

 それどころか、支那で車に轢かれたら、怪我ではすまない。加害者の車が引き返してきて、まず死ぬまで轢かれる。生きていれば入院費用の総て、退院後後遺症でもあって、仕事に就けなければ、その後の生活費総ての費用は莫大なものとなる。死んだ場合の保証は、最高でも列車衝突脱線転覆事故での補償金の日本円で300万円程度であり、これを考えると被害者を殺した方が安上がりということになる。

 1988年(昭和63年)03月24日、上海郊外で発生した急行列車同士による列車衝突脱線転覆事故が発生。29名死亡、99名負傷のうち、高知学芸高等学校1年生および引率の教師の28名死亡36名負傷(重傷の1名は帰国後死亡)。1988(昭和63年)年08月に訪中した竹下登首相に対し支那の李鵬首相は「国情の違いを理解してほしい。」と、日本並みの補償はできないとする基本的立場を伝えた。日本側が民事問題としている補償問題に対して、中国政府は介入する態度を示した。第1回に東京で行われた交渉では、日本側は5000万円前後を示したが、支那側は一律3万1500人民元(当時のレートで約110万円)。数次の交渉を経て、補償額は未公表であるが、400〜550万円と予想される。

 4千年にわたり、遊牧民族、暴徒、浮浪民、匪賊が入れ代わり立ち代わり、侵入し、それらの生き残りの匪賊の末裔が、わずか61年前に共匪が支配しているのが、今の支那であり、国というよりも、別の化外の世界と考えた方が正解である。ここで、「共産主義」を標榜しながら、日本の経済援助や諸外国の海外投資で得た利益を共匪とその一族1億人が独占している。胡錦濤(68)の後継者に事実上確定している習近平(57)などは、習仲勲(元国務院副総理)の息子で、「王子様の党」という意味の太子党と呼ばれる。人命さえも不平等な悪逆暴虐な世界が支那世界である。

抗日運動で1円玉を集めている
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/01/29/2314/
アルミ不足と、日本の財政破綻のため、支那畜が1円玉を集めて、支那に送っている。
実は、1円玉は日本の通貨のなかで一番原価率が高く、1枚あたり約3円もかかってしまうとか。そのため、1円玉を作れば作るほど国の赤字が膨らんでしまう。一見意味がないように思える中国の「1円玉作戦」だが、実際は優良な資源を安く手に入れながら相手国を苦しめるという、高度な作戦だったのだ。


西村眞悟の時事通信
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=589
 そこで、中国のGDPに関して、次のことを指摘しておきたい。
「経済の専門家ではない私が言うのであるから確かだ」
と思って読んでいただきたい。

1、そもそもGDP・国内総生産、にそれほど意味があるのか。
 問題は、中身ではないのか。
 GDP第一位のアメリカでは、勤労者のうちホワイトカラーの平均年収は4万ドル(四百万円)以下。ブルーカラーは2万ドル(二百万円)以下。
 では、中国ではいくらか。我が国の十分の一以下であることは確かだ。
 よって、我が国は勤労者の所得水準において、GDP第一位のアメリカに対しても、優位にあるではないか。我が国が悲観する必要は何処にもない。
 例えば、GDPとは、ずう体の大きさ(体重)だとしよう。
 そうすれば、世界一のずう体がアメリカで、二位が中国だということになる。しかし、その中国のずう体が大きくなった原因が、肝臓が通常人の五倍に肥大した結果であり、腸壁に脂肪が十倍にこびりついた結果であるとしたら、どうなる。
・・・瀕死の状態ではないか。
 GDPという規模ではなく、中身ではないか、と言ったのはここである。

2、次に、中国はGDPを如何にして膨らましたのか。
 農村部から膨大な労働力を都市部に流入させて低賃金に抑えて働かせることによって世界から工場を誘致するとともに投資を流入させることにより金を儲けた。都市部に金が入るためには、勤労者の賃金が低くなければならない。つまり、労働者の所得が増えること(自国民が豊かになること)は、中国経済の敵である。
 反対に、我が国は、勤労者一人一人の労働生産性を向上させて所得を増やすことによって内需を拡大して経済の規模を拡大させた。つまり、自国民が豊かになることで経済を大きくした。同時に我が国は、中国をはじめとする世界各地に工場を進出させて製品を生み出す道を選んだ。
 つまり、中国の世界への最大の輸出品は「失業」であり、我が国の最大の輸出品は「雇用」である。
 そのうえで、我が国は、現在においても、アメリカに対しても中国に対しても、世界各国ほとんどの国々に対して、貿易黒字の体制を維持している。
 いずれの経済が強靱で世界に貢献しているのか明らかであろう。
 アメリカのオバマ大統領が、雇用を確保するというならば、アメリカに「失業」を輸出している中国と、「雇用」を輸出している日本といずれを大切にしなければならないのか、明らかであろう。

 では、自国の勤労者の賃金を低く抑えて世界から金を集めて潤う都市部の特権階級(これが一億人弱)は、何をしているのか。
秋葉原の観光客のように、買い物をしまくっているのであるが、おもしろいことに、彼らはすべからく中国から出たがっている。
 中国では、毎年国慶節には長期休暇がある。そして、この機会を利用して共産党幹部や国営企業幹部は、例年長期の海外主張にでる。日本のゴールデンウィークに国会議員が大挙して外遊するのと似ている。
 そこで、問題は、これら海外に出た幹部達が中国に帰ってくるのか否かだ。
 昨年、各省から海外に主張に出た幹部が合計800名ほど、公金を持ったまま中国に帰らなかった。つまり逃亡した。
 低賃金の人民からは毎年10万回ほどの暴動が起きていて、潤っている階級からは公金持ち逃げが起こっている。
 これが、中国の「中身」だ!
 これが、経済「大国」なのか。

3、一番肝心なことであるが、一体、中国の統計は信頼できるのか。
 中国のGDPは如何にして算定しているのか。それは、中国政府が発表する統計である。
 自国の人民の人口も正確に分からないのが中国である。
 中国共産党本部に地方から上がってくる経済報告は、正確なのか。
 正確だといえる根拠が無いのが、まさに中国ではないのか。
 かつての毛沢東の大躍進政策は大成功だった。その理由は地方からの虚偽誇大報告にあった。真相は、数千万人の餓死者を出していた。中国では、この世紀の大失敗も虚偽報告により大成功だった。

4、また、かつて、我が国がGDPで追い抜いたドイツ、イギリス、フランスは、我が国より劣っているのか。決して劣ってはいない。
 このことを考えれば、GDPではなく、中身が大切だということがよく分かる。

http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=591
 そこで、彼に、私の友人の息子の中国人とのエピソード(前回の時事通信)を紹介して、これは中国人から見て当たり前なのかどうか質問してみた。次の通り。
「僕の友人の息子の同級生に中国人がいる。彼といるとき、息子が自分のポケットに手を入れると五百円玉が入っていた。
 息子が『あれ五百円入っていた、何故入っていたのだろう』とつぶやくと、横にいた中国人の同級生が『それ、ぼくのだ』と言う。その理由は『自転車の修理に五百円かかるから』、
そこでその息子は『アホ言うな』とあっけにとられた。
 中国人から見て、この中国人同級生の言い分と行動は自然のことなのか」
 すると彼は、その私の発言を、嘘だと言って激しく私を非難始めた。私が、嘘ではない本当の話だ、と言っても一切受け付けず、私が嘘を言っていると主張して譲らない。そして、そういう嘘を言う者は下品だと言った。
 私も激しく言った。
中国共産党は、突然尖閣諸島は「中国のものだ」と言い始めた。人のものを突然自分のものというのは、中国人に特有のことなのかと思はせるエピソードだったので聞いてみたのだ。根拠もなく人の言ったことを嘘だと無礼なことを言うな。
 彼は相変わらず、嘘嘘嘘の一点張り。
 双方激しく言い争う中で、私は思った。これが中国人だと。そして、立っていってカメラの前でこいつを殴ろうという誘惑が湧いてくるのを感じた。すぐ殴りに行きたがる、これが日本人なのか。

 よって、「中国人とは何か」という具体的な実例が彼と私との期せずして起こった「けんか」により番組で明らかになった次第だ。
 はっきり言っておきたいが、中国にものを売るのはいい、しかし、中国に工場を進出させるのは辞めた方がいい。中国人の日本国内への受け入れもほどほどにすべきだ。
 
 文化革命時代で明らかになったように家族相互の密告を奨励して自分以外は敵と教えられ、さらに言論を統制されて、中国共産党の一党独裁下で生きてきた現在の大陸にいる中国人。
 そこに、明治の日本人が観察した上は皇帝から下は一兵士まで、公物、公金を横領し横流しするのは、当たり前と思っている数千年変わりようがない中国人が複合されるとどうなるか。
 二種類の中国人しかいなくなる。
「悪い中国人」と「非常に悪い中国人」の二種類だ。
 これは、多分、中国人が最も実感していて同意することではないか。


中国の恫喝に屈しない国 (WAC BUNKO) [新書] / 西村 眞悟 (著); ワック (刊)中国の恫喝に屈しない国 (WAC BUNKO) [新書] / 西村 眞悟 (著); ワック (刊)
コラァ!中国、いい加減にしろ! [単行本(ソフトカバー)] / 辻本 貴一 (著); メトロポリタンプレス (刊)コラァ!中国、いい加減にしろ! [単行本(ソフトカバー)] / 辻本 貴一 (著); メトロポ...
「日本と中国」歴史の真実―教科書で習った日本史・中国史が、ウソだったことがわかる本 (リュウ・ブックス アステ新書) [新書] / 拳骨 拓史 (著); 経済界 (刊)「日本と中国」歴史の真実―教科書で習った日本史・中国史が、ウソだったことがわかる本 (リュウ・...
なぜ中国は平気で嘘をつくのか [単行本] / 杉山 徹宗 (著); 光人社 (刊)なぜ中国は平気で嘘をつくのか [単行本] / 杉山 徹宗 (著); 光人社 (刊)
中華思想の嘘と罠―中国の正体を見る [単行本] / 黄 文雄 (著); PHP研究所 (刊)中華思想の嘘と罠―中国の正体を見る [単行本] / 黄 文雄 (著); PHP研究所 (刊)
posted by cnx at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする