2009年12月10日

パキスタン崩壊の危機


 12月04日、ラワルピンディ(Rawalpindi)で、大勢の信者が金曜の礼拝のために集まっていたモスクで武装グループによる自爆攻撃があり、4人の襲撃犯全員を含む40人が死亡、45人が負傷。
 07日、パンジャブ(Punjab)州の州都ラホール(Lahore)の市場では30メートルほどの間隔で仕掛けられた2発の爆弾がほぼ同時に爆発し、子ども6人を含む49人が死亡、約150人が負傷。
 07日昼ごろ、北西辺境州の州都ペシャワル(Peshawar)で、自爆犯が地元裁判所近くで自爆し、警察官を含む10人が死亡、44人が負傷。
 08日、情報機関「三軍統合情報部(Inter Services Intelligence、ISI)」の事務所付近で銃や爆発物による自爆攻撃があり、9人が死亡。爆発物を積載したピックアップトラックに乗った2人の自爆犯が兵士に発砲して検問所を突破。三軍統合情報部に接近を試みたが制止されたところ、爆弾を爆発させた。民間人5人と兵士2人が死亡し47人が負傷したほか、道路には巨大な穴が開いた。犯人2人も死亡。
 ムルタンの攻撃を含めると、24時間以内に3件の攻撃が起きたことになる。この2年半では2600人以上が武装勢力による攻撃の犠牲になっているが、この多くはタリバーンによるもの。

 国名「パキスタン」は、ペルシア語起源の言葉で「清浄な国」を意味するパーキスターン(پاکستان Pākistān)に由来するとともに、パキスタンを構成する五大地域であるパンジャーブのP、北西辺境州に住むアフガーン人のA、カシミールのK、シンドのS、バローチスターンのTANを表す。もともと、インドからムスリムが分離独立したのがパキスタンで、当初は東パキスタンという飛び地があった。建国の父ムハンマド・アリー・ジンナーらが作った、インド亜大陸のムスリムの寄せ集め人造国家。植民地扱いに怒った東パキスタンは、1971年12月にバングラデッシュとして独立している。インドとのカシミール戦争で、多くの外国人を義勇兵(ムジャヒディン)として受け入れてきたのが災いして、皮肉なことに、核武装してカシミールが落ち着いたら、タリバーンの市民への無差別殺傷テロで崩壊の危機にある。

 ラホールといえば、深夜に初めて空港に着いて、中心部に行けと言ったのに、バカ高い郊外のモーテルに連れて行かれてボられた。インドに近いとロクでもない。すぐに中央部に出て、PTDCのホテルに移った。パキスタン建国の父、ムハンマド・アリー・ジンナーが独立文書だかを起草した部屋の隣の部屋に泊まっていた。ラホールでは、世界遺産の中で子供が泳いだり遊び回っていたのが印象的だった。バングラデッシュの方は今年の03月に訪れた。バングラデッシュはともかく、パキスタンの方は訪れるには危険過ぎる。
posted by cnx at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | SA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ネパールのカリマ・ベガム♀副大臣、車種が気に入らず、郡知事を5回殴る。


KarimaBegum.jpg
カリマ・ベガム(Karima Begam)
 カリマ・ベガム(Karima Begam)農業協同組合副大臣は、視察先で高官の襟(えり)もとにつかみかかり、顔に繰り返し平手打ちしたことを認めた。要望した車種が配車されなかったためだという。

 ベガム副大臣は、日刊紙Republicaに対し「ええ、CDOをひっぱたきました。平手打ちを5回」と語った。

 ベガム副大臣は、女性議員らとの会合に出席するためにネパール南部を公式訪問していた。

 ベガム氏は、郡知事のParsa Durga Prasad Bhandari氏が、送迎用の車に、事前に指定した一番良い車を使わずに古い車をよこしたことに対して怒りを示したとみられる。報道によれば、ベガム氏は「どうして大臣が(新しい)車を使えないのか。大臣とCDO、どっちが偉いと思っている!」と言ったという。

 ネパールの首相報道官は、AFPに対し、ベガム氏の態度は容認できるものではないと述べたものの、更迭処分となるかどうかについてはコメントを拒否した。

 ネパールでは多くの新聞が、目を潤ませた郡知事の写真付きで、この出来事を1面で報じた。Bhandari氏は車の選択の理由について説明しようとしたものの、副大臣は耳を貸さなかったという。

 Bhandari氏はRepublica紙に「メガネも壊された」と語った。


 インド、パキスタン、バングラデッシュは訪れたことがあるが、ネパールは訪れたことがない。インドのバラナシにいたときに行くこともできたが、時間の都合で中止した。2001年6月1日ネパール王族殺害事件が起き、毛沢東派(マオイスト)のテロと治安が悪化し機会を逃してしまった。世界最高峰のサガルマタを見る機会を逃している。世界第2のK2は遠くバルトロ氷河のかなたで行くに行けず、スカルドゥから1週間毎日待って飛行機に乗ったときに見たようなみないような。

 ネパール王族殺害事件は、「親印派の王弟ギャネンドラがアメリカ・インドの後押しを受けて、親支派のビレンドラ国王・ディペンドラ王太子らを殺害した宮廷クーデター」との説が有力である。ただし、ギャネンドラは、インド敵視政策、支那からの武器購入、チベット独立派の弾圧などを行い、独裁政治を続け、2006年4月には大規模な民主化運動が起こった(ロクタントラ・アンドラン)。ギャネンドラの政治的特権はすべて剥奪され、2008年5月28日、制憲議会で共和制になった。

 ネパールの宗教は、ヒンドゥー教徒 80.6%, 仏教徒 10.7%, イスラム教徒 4.2%, キラント教徒 3.6%, その他 0.9%(2001年国勢調査)。

 イスラム教徒で女ということで副大臣になっているカリマ・ベガムだが、口汚いとかかなり品性下劣で、女が政治に口を出すとメチャクチャになる典型例のようだ。日本でも、土井多賀子(李高順)(80)、松井耶依(68死亡)、田嶋陽子(68)、岡崎トミ子(65)、円より子(本名:山ア順子)(62)、千葉景子(61)、福島瑞穂(趙春花)(53)、辻元清美(49)という凄まじい売国奴婆の系譜がある。

 差別を金にして生きている婆だから、朝鮮車を回されて起こったのだろうか。カースト制のあるヒンドゥー社会で、ムスリムで女というだけで副大臣に登れた勘違い気違い女ということだ。女は自己中心で、政治を私物化してしまう。土井多賀子(李高順)(80)、松井耶依(68死亡)、田嶋陽子(68)、岡崎トミ子(65)、円より子(本名:山ア順子)(62)、千葉景子(61)、福島瑞穂(趙春花)(53)、辻元清美(49)を見れば理解できる。

http://www.asiapress.org/apn/archives/2009/11/11145453.php
女性大臣がCDOを殴る(2009/11/10)

今日の夕方のトップニュースは、「カリマ・ベガムがCDOを殴った」というものだった。ベガムは昨年の制憲議会選挙で、パルサ郡の選挙区から立候補して当選したマデシ・ジャナアディカール・フォーラムの女性議員である。

ムスリム女性として初めて選挙に当選している。もっとも、制憲議会の前までは政治のことはほとんど知らず、女性でムスリムという2つの被抑圧者層に属するところに目がつけられて、立候補者名簿に名前が載せられたものだ。

ベガムは先の内閣拡大のときに、農業協同組合省の国務大臣に任命された。私も1度だけ彼女に取材をしたことがあるのだが、口の悪さに少々辟易したことを覚えている。

ベガムは今日、パルサのCDO(郡行政長官)が要求したような車を貸さなかったと言って、数十人のサポーターを連れて、CDO事務所に押し入り、彼女自身がCDOを殴ったそうである。ベガムはこのCDOが前々からマデシ議員を見下すような態度をとっていた事が気に入らず、今日、ついに手が出るまでに至ったと殴った理由を説明している。

彼女の言い分が真実であるならば、つまり、バフンの男性であるCDOが本当にベガムをムスリムの女性だから見下していたのであれば、喝采をしたいところであるが、テレビのニュースで様子を見ると、やはり品位に欠ける行為としか言いようがない。

ニューデリーに“参詣”していた統一共産党のカナル党首は今日、ようやくインドのマンモハン・シン首相と会見することができた。

カナル党首はインド政府の招待で行っていたにもかかわらず、シン首相はなかなか会見の時間をくれなかったようで、カナルは昨日の帰国予定を明日に延ばして会見にこぎつけた。一足先に帰国したフォーラムのウペンドラ・ヤダヴ党首は、インド側は現政府を維持する方針であると話している。

「インドが作った政府なのだから、インド側が維持したいと思うのは当たり前」とヤダヴは話している。これはつまり、マオイスト側が大幅譲歩をしないかぎり、現在の政治問題は解決しないということである。
posted by cnx at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

リゾート乞食マルディブの環境利権


 行ったことがないのにあれこれ言っても仕方がない。知識がないのにブログに書くと恥さらしだ。Maldivesと書いて、「マルディブズ」と発音するのに、「モルディブ」と書いているのと同じくらい利権によるインチキな詐欺である。

 マルディブには9日滞在して、スノーケリング三昧。マルディブのリゾートというのは、島1つがリゾートホテルで、他にやることがない。潜るか3食ブッフェの食事。一応毎日変わったが、1週間単位のようで、8日目は初日と同じになった。ビールとかやたらに高い。ほとんど全てが輸入なのもあるのだろう。国土が狭いので、ゴミの島、石油タンクの島、刑務所の島、コカコーラ製造工場の島、空港のフルフレ島と用途別に島を使い分けている。潜水艦ツアーで潜ったのは、首都のマーレ島の沖の石油タンクの島の見える所、こんな所でも熱帯魚だらけだった。最後の日は首都の島マーレ。面倒なので、桟橋の真ん前のマーレ島では1番のホテルに泊まった。ところが、この日からイスラーム教の断食のラマザンが始まってしまった。イスラームの戒律により、日が出ている間は、飲食ができない。アイスクリーム屋も例外ではない。ホテルの食堂以外は閉まっていた。水を飲みにホテルに戻った。歩き方に載っていた竹中直人似のマルディブ人の店は高いし、しつこい。

マーレ防波堤.jpg
 写真は市場の脇の漁港の防波堤。すぐ世界一大きな国旗とテロがあった高い塀に囲まれた政府関連施設がある。監視カメラがあって、近くで写真を撮ると、逮捕されるそうだ。呆れるのは、こんな漁船から出たゴミが浮いているような海を覗くと熱帯魚が群れている。首都の官邸街の前が海で熱帯魚が群れているのはマルディブだけだろう。2004年12月26日、スマトラ沖地震による津波の襲来の際、被害が82人で済んだのは、日本の援助(JICA)によるこの防波堤のお蔭なのだが、リゾートで毛唐には奉仕しても、明らかに日本人は差別している。害務省、JICAという糞組織は税金を捨てるのが目的のようで、日本の国益になっていないどころか、国益を阻害さえしている。どこの国でも、自国の国益のために援助をしているのだ。援助だけしたければ、JICAの給料を削って行えば良い。その上、リゾート乞食のマルディブは、援助が当然だと思っている。その上、特定アジア、特に朝鮮人にはうんざりする。マルディブで遊べるのは上の階層だと思われるが、それでさえ、民度が低すぎて、リゾート気分が台無しになる。お願いだから死に絶えてくれ。

 地球温暖化の原因は太陽活動によるものだし、北極の氷は全部融けても海面は上昇しない(アルキメデスの原理)。CO2が増えたから温暖化したのではなく、温暖化したから海水に溶けていたCO2が気相に出てきた(ヘンリーの法則)。だからといってCO2をドンドン出して良いわけではないが、ミンス党の松旭斎ぽっぽのように、1990年比25%削減するためには、日本経済を破滅させ、日本の国富と技術をマルディブのようなリゾート乞食に野放図に排出権取引としてばらまくことになる。しかも、日本のCO2は世界の4%にしか過ぎない。つまり、1億3千万人の人口とすると、25倍すると32億人。現在の地球の人口が70億人だから、アフリカの未開の土人も含めて、人口当たり、世界平均の2倍しかCO2を出していない。

http://takedanet.com/2009/06/post_8049.html
ツバルは沈んでいない
ツバルは沈んでいない.理由は簡単である。
【理由】
太平洋の海水面を1メートルとか50センチとか上げるだけの水源がないから.
(注)海水面はおおよそ毎日の満潮引潮で2メートル,低気圧で50センチ,寒暖の差で40センチ,普通の地盤変動で50センチぐらいは変わる。また,海水面が変動しても一様に上昇下降してもその影響は同じである。だからツバル(満潮の時を基準として海抜約1メートル)が温暖化で沈むためには約1メートル程度の海水面の上昇がいる。
・・・・・・・・・
1942年,日本軍を追撃したアメリカ軍がツバルに上陸.海兵隊1088名で飛行場を作った.その憎っくき飛行場から飛び立った爆撃機でずいぶん多くの日本人が死んだ.
私は日本人だから,ツバルの飛行場は許さない.
もともと,ツバル(ファンガファレ島)は海水面ギリギリの島だった.サンゴ礁だから当然で,サンゴというのは動物(棘皮動物)で夜になると植物プランクトンを食べて生きている。


posted by cnx at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | SA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする