2010年12月11日

また欧州凍結 これで地球温暖化? マッチ売りの少女、フランダースの犬続出の予感


 日本の夏が暑いのも、もともと環礁の上を埋め立てて土地を作り、海流が変わったのに護岸工事をしていなかったツバルの海岸線が一部浸水したのも、みんな地球温暖化のせいだと、嘘を垂れ流し、一方、クライメイトゲイト事件は見事に封殺するマスゴミしかない日本では、未だに地球温暖化が起こっていると信じている一般大衆が多い。65年前に戦争に破れ、国が悪い、政府が悪い、社会が悪いとなんでもかんでも責任を転嫁する野党根性が染み込んでいる、ダメリカの属国、支那の朝貢国の一般大衆には相応しい。そこで、あの無能で専制なインチキ詐欺のミンス党が政権を握っている。

 まともに小学校以降に地理や化学の常識を見につけ、自分で考える習慣を持っていれば、たとえ、地球が温暖化したとしても、周囲を海に取り囲まれている日本は、水の比熱が高いため、温度変化の影響は最後になるはずではないか。まともな科学者なら、温暖化していないのは常識である。

 御用学者は、「大気中の二酸化炭素濃度は、18世紀の産業革命以前は約280ppmであったものが近年急激に上昇し、現在約380ppm。」というデーターを突きつけているが、恐竜が主役だった白亜紀の二酸化炭素濃度は1000ppm以上だった。ここ100年ほどの短いスパンで見ると、二酸化炭素濃度は上昇しているように見えるが、もっと長いスパンで見れば、二酸化炭素濃度は常に変動している。「知識人」とか「学者」と呼ばれる御用学者が公表するデーターは都合の良い部分だけを切り取って加工している。それどころか、クライメイトゲイト事件のように、あからさまな捏造工作まで行っている。たまたま二酸化炭素濃度の上昇したため、二酸化炭素を魔女にし、魔女狩りによる利権に連なっているのである。また、地球温暖化の原因として二酸化炭素は1つの要因に過ぎず、地球温暖化効果の約97%は水蒸気と言われる。ところが、地球温暖化を議論する際に水蒸気の問題が取り上げられることはほとんどない。水蒸気は人間が増減させているものではないということと水蒸気は地域差、高度差等による変動が激しく測定が難しいという理由で、大半の水蒸気は海や川から自然に発生しているものであり、人間の力でどうこうできるものではなく、利権にならないのである。また、メタン、フレオン、六フッ化硫黄、亜酸化窒素等があり、この中でメタンは温暖化係数が二酸化炭素よりも大幅(20〜25倍)に高い。

地球温暖化に対する懐疑論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96#.E8.B5.A4.E5.A4.96.E5.90.B8.E5.8F.8E.E3.81.AB.E5.AF.BE.E3.81.99.E3.82.8B.E9.A3.BD.E5.92.8C.E3.81.8A.E3.82.88.E3.81.B3.E6.B0.B4.E8.92.B8.E6.B0.97.E3.81.AE.E5.AF.84.E4.B8.8E

 ところが、国立大学中突出して犯罪者を排出してきた東京大学の工学部出の鳩山由紀夫は首相時代に、国連総会で1990年基準の二酸化炭素を25%削減すると思いつきを口にしてしまった。あのルーピーは、「鳩山イニシアチブ」とか呼んで悦に入っているようだ。世界のわずか4%しか出しておらず、突出した環境先進国の日本で、25%削減は不可能で、後進国に排出権という名目で金をセビリ取られることになる。そんな中、ミンス党政府の税制調査会は「地球温暖化対策税」、いわゆる「環境税」を来年10月から段階的に実施する方針を決めた。これで、まともな企業が日本から逃げ出し、日本の若者の失業率が増大し、国に一層希望をもてなくなる。

犯罪者と売国奴養成大学 東京大学法学部・工学部
http://pub.ne.jp/cnxb/?entry_id=3313313

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-146d.html
日本の全国紙や電波媒体ではほぼ報道がされていないようですが、欧米の報道の世界では上や下への大騒ぎ的事件が勃発しています。

科学史上最大のスキャンダルに成長しようとしているクライメイトゲート事件です。Climategate、つまりクライム・気象版ウォーターゲート事件というわけが、これが今コペンハーゲンで開かれているCOP15(国連気候変動枠組条約会議)を直撃しているようなのです。

このクライメイト事件が、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の提出してきた基本データーに改竄疑惑が出たというのですから、これはおだやかではない。

ことの発端は、地球温暖化の世界的な権威者であるフィリップ・ジョーンズPhilip Jones教授(英国イースト・アングリア大学・気象研究所・CRU所長)のPCがハッキングされたことから始まります。

ジョーンズ教授のPCデーターから、千通に登るeメールと研究データーが流出し、BBCやNYタイムスなどのメディアが大きくそれを報道しました。現段階で日本のメディアの奇妙な沈黙は、旧態依然たる記者クラブ制度の情報統制下にあるのでしょうか、不思議なことです。


眠りにつく太陽 桜井邦朋

http://book.asahi.com/shinsho/TKY201011290202.html
■地球は寒くなっている!

 白クマの住む場所がなくなるのも、日本の夏がアホほど暑いのも、みな温暖化のせいということになっている。産業活動で排出される炭酸ガスがその元凶だというので、いま世界中が削減に躍起なわけだが、本書を読んで驚いた。温暖化どころかこれから地球はどんどん寒くなるという。本当か。

 人間のほうは大慌てだが、地球が暖かくなったり寒くなったりすること自体は珍しくないらしい。10世紀半ばから300年ほどは大温暖期で、13世紀末から19世紀半ばまで寒冷期に突入。この間、特に気温の低い極小期と呼ばれる小氷河期が何度か出現するのだが、歴史の動向から証拠を引き出しているのが面白い。この時期に冷害による大飢饉や人口減、ペストの流行、暴動が頻発しているのだ。

 そしてこの極小期は太陽に黒点がほとんどない時期、つまり太陽活動が極端に衰退した時期と合致する。気温制御の物理的メカニズムも明快に提示しながら、太陽活動こそ地球の気候変動の原因であると結論している。

 では、現在の太陽はどうなっているか。著者が過去50年で経験したことがないほど極端な無黒点状態で、もはや休眠寸前。この状態が長く続けば再び小氷河期が到来するだろうというのである。

 仮説である。だが非常に説得力がある。炭酸ガス犯人説を疑問視する科学者も多いし(確かに大気中にたった0.04%しかない炭酸ガスだけが原因というのは変な話だ)、ご存知の方もいるだろうが、温暖化説の根拠の一つ、平均気温の急上昇を示すデータにも捏造の疑いがあると暴露されている。

 要するに寒冷化説も温暖化説もまだ仮説にすぎないのだ。ならばいろいろな議論があってよいはずだが、政府もメディアも温暖化説だけを喧伝して、ほかの仮説はまるで無視している。なぜだろう。温暖化への疑念を口にするとひどいヤツだみたいな空気まである。

 全員が一斉に同じ方向を向いて誰も疑問をもたない。そのことが気持ち悪くてしかたがない。

眠りにつく太陽――地球は寒冷化する(祥伝社新書215) [新書] / 桜井邦朋 (著); 祥伝社 (刊)

 一年の世相を漢字1文字で表す「今年の漢字」が何と「暑」。売国以外何もしなかった詐欺ミンス党の韓直人の「行」と並び、あまりにも的外れな大嘘で、馬鹿丸出しだ。例によって、清水寺の森清範貫主という坊主が揮毫し、「精神的もそうだけれども、やっぱり感じたのは肉体的な暑さだろう。地球の環境が大変汚染され、このままでいいのだろうかと皆さんが思ったことだと思う。」と能書きを垂れた。日頃から御布施で女を抱いている坊主やミンスの詐欺師はこの馬鹿な能書きを人々が納得すると思っているのか。「今年の漢字」は、公益法人でありながら巨額の利益を大久保昇理事長が着服し、文科省の後援を外されたあの日本漢字能力検定協会の主催で16回目。

 売国奴韓直人やルーピー鳩山由紀夫や糞坊主は知らないが、我々生物にとって、地球温暖化より寒冷化の方が脅威だ。マッチ売りの少女、フランダースの犬が続出する予感がする。

マッチ売りの少女 [大型本] / ハンス・クリスチャン アンデルセン (著); クヴィエタ パツォウスカー (イラスト); Hans Christian Andersen, Kveta Pacovsk´a (原著); 掛川 恭子 (翻訳); ほるぷ出版 (刊)フランダースの犬 DVDメモリアルボックス / 喜多道枝, 及川広夫, 駒村クリ子 (出演)
posted by cnx at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

おフランス名物のおストライキ続く フレンチ・リスク




 年金の支給開始年齢を2018年までに現行の60歳から62歳に引き上げ、満額拠出期間を41年に延長する年金改革法案は、22日にsénat(元老院)を通過。議会両院での調整を経て27日に成立した。年金受給開始年齢の60歳維持を求め、大学生らは26日にも抗議デモを、労働組合も28日に7回目となる全国一斉ストライキを実施したが、半数くらいに減った。高校生までデモをして暴れていたが、単に授業をサボりたいだけの不良が大多数だった。マルセイユでは、先日金曜日には軍が登場し、警察と共同してゴミを収集した。町にゴミがあふれ、ガソリン不足になり、生活に支障をきたしている。西部のトリニャック(Trignac)にある仏石油大手トタル(Total)の製油所の従業員はガソリンスタンドを占拠して、通りかかった車両に無料で燃料を配った。これは略奪で、賠償は闘争資金から出るのだろうか。いつの世でも跳ね上がり分子は粛清されるのだが。フランス革命なんかを見ればよくわかる。それにしても、フランスを旅するには、いつもフレンチ・リスクを考えざるを得ないのは厄介だ。

年金支給開始年齢の国際比較(平成19(2007)年06月)
http://www.cao.go.jp/bunken-kaikaku/iinkai/kaisai/dai14/14shiryou10.pdf

日本 65歳(男は2025年までに、女は2030年までに65歳に引上げ)
アメリカ 65歳8ヶ月(2027年までに67歳に引上げ)
イギリス 男:65歳、女:60歳(女は2020年までに65歳に引上げ)
     財政改革で66歳に引き上げの予定(現在)。

ドイツ 65歳(2012年から2029年までに67歳に引上げ)
フランス 60歳
スウェーデン 原則として、61歳以降本人が選択。

 おフランスだけ年金支給開始年齢突出して60歳と早いが、それでもストライキに訴えた。就労中も夏は1〜2ケ月、vacance(ヴァカンセ)を取る怠け者のお国柄なので、働きたくないという本音が見え見えだ。これも呆れるが、第5共和制では、ローマ帝国の皇帝の立法諮問機関のsénat(元老院)が現存していた。おフランスのローマ帝国への憧憬のなせる技だろう。
 日本では明治維新期の明治08(1875)年04月25日に立法諮問機関として設置され、議長は左大臣の兼務とされたが実際には一度もその事例はなく、設置当初は議長は空席で副議長の後藤象二郎が議長の職務を代行していた。明治23(1890)年10月30日、帝国議会開設により、役目を失い廃止された。アメリカ合衆国、カナダ、スペイン、イタリアなどにもsenateという立法機関はあるが、2院制の「上院」である。ところが、フランス第5共和制では国民議会とは別の議院であり、優先権をもつ国民議会とは別の立法諮問機関である。また、元老院は、天皇や国王の単なる諮問機関の枢密院とは性格が違う。

 菅直人は39%、鳩山由紀夫は引退時に20%も支持率があったことでさえ驚きだが、ニコラ・サルコジは支持率25%。バラク・フセイン・オバマ・ジュニアは41%(08月中旬)から持ち直した47%。低支持率競争を競っている誰が真っ先に権力の座から転げ落ちて潰れていくか、見物だ。特亜(北朝鮮や南朝鮮、支那)の得意芸の外敵を作るとか、自然災害、9・11のようなテロ、戦争を引き起こすとかの過激な政治行動を取らない限り、回復の見込みはない。神や仏があるのなら、是非ともこの4人には地獄を見てもらいたい。


大臣 増補版 (岩波新書)

大臣 増補版 (岩波新書)

  • 作者: 菅 直人
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 新書


鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)

鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)

  • 作者: 高橋 洋一
  • 出版社/メーカー: インフォレスト
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 新書


サルコジとは誰か?―移民国家フランスの臨界

サルコジとは誰か?―移民国家フランスの臨界

  • 作者: アラン バディウ
  • 出版社/メーカー: 水声社
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本


大統領オバマは、こうしてつくられた

大統領オバマは、こうしてつくられた

  • 作者: ジョン・ハイルマン
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: 単行本


posted by cnx at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

おフランス名物の「おストライキ」、イギリスでは戦後最大規模の歳出削減


 暴力と実力行使が「おフランス」の真骨頂。年金開始年齢を現行の60歳から62歳に引き上げるというサルコジの年金制度改革法案への抗議のゼネストが始まって10日。交通機関のほか教育、司法、医療、報道、金融の各機関に及び、トラック運転手は数週間にわたり各地で幹線道路を封鎖、マルセイユはゴミ収集員のストで通りにゴミが山積している。高校は休校、高校生も抗議行動に加わり、車に放火、バス停を破壊、投石を繰り返している。仙谷由人(64)や菅直人(64)、千葉景子(62)、岡崎トミ子(66)が火炎瓶を片手に暴れ回っているのだ。フランス全土の製油所が前週から稼働を停止し、ガソリンスタンドに車の長蛇の列ができ、空港で欠航が相次ぎ、しかも利用客はその空港までスーツケイスを抱えて歩いて行くそうな。今フランスに行くのは余程艱難辛苦を求める山中鹿之助(講談での名前で本当は「山中幸盛」)のような者である。定年退職年齢の引き上げを柱とする年金改革法案は先週下院を通過し、上院での採決は今週実施される予定。



 イギリスでは、財政赤字の解消を目指して、今後4年間で、810億ポンド(日本円にして10兆円余り)削減策を発表した。軍事費、一部の子ども手当を打ち切るほか、年金受給年齢を66歳に引き上げるなど戦後最大規模の歳出削減策で、公務員が49万人が失業する見通し。歳出削減策では、各中央省庁に平均19%の歳出削減を要求している。



 一方、日本では、とっくの昔の10年前の平成12年(2000年)03月の小渕恵三内閣の法改悪で、年金開始年齢は65歳に引き上げられた。男は昭和36年04月02日以降生まれ、女は昭和41年04月02日以降生まれは65歳支給になる。仙谷由人(64)や菅直人(64)、千葉景子(62)、岡崎トミ子(66)といった税金を搾取している高給売国爺婆はすでに年金を受給している。

 男女逆差別なのも納得いかないが、区切りが04月02日なのは、役人が気持ち良くなるだけのためである。

4月2日の怪
http://pub.ne.jp/cnxb/?entry_id=1306695

 昭和59(1984)年10月までは、健康保険で加入者本人が受診した場合の本人負担割合は0だった。それを昭和59(1984)年10月、中曽根康弘(現在92)内閣が、1割負担と保険料を払わせた上に医療費を徴収し始めた。平成09(1997)年10月、橋本龍太郎(68死亡)内閣が、本人負担を1割から2割に引き上げた。

 ちなみに、消費税は、竹下登(76死亡)が、平成元(1989)年04月01日から、税率3%で施行し、平成09(1997)年04月01日に、村山富市(現在86)が内定し橋本龍太郎が税率5%に引き上げた。

 小泉純一郎(現在68)は平成15(2003年)04月から、健康保険の本人受診の本人負担を2割を3割に、しかもそれまではボーナスには保険料が掛からなかったのが「総報酬制」にして保険料の額を大幅に値上げ、これは年金にも適用し、掛け金の大幅値上げを行った。しかも、小泉純一郎は、本人負担を5割まで上げ年金開始年齢を70歳にという悪魔のような改悪案を考えたが、これは、さすがに潰れた。

 年金、健康保険、消費税と改悪を重ね、公平性を蔑ろにし、格差を拡げ,日本を破壊してきた国賊どもは、年金、健康保険、消費税と負担を後世につけを回し、自らは逃げきって、後世では考えられない年金、保険料と税金を盗んでいる。

 ここまで、国民を舐めきって、支那、南北朝鮮、露西亜、ダメリカに舐められて、マスゴミや政府が襲撃にあわないというのも大問題で、こういったことは、おフランスを見習った方が良い。
posted by cnx at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

おフランスの年金デモ


 1961年10月17日、パリのど真ん中でアルジェリア戦争(1954〜62年)に反対する3万人のアルジェリア人の非武装で平和的なデモ隊を警官隊が襲い、70〜200人を虐殺し数百人が負傷、死体をゴミ箱やセーヌ川に投げ入れるという虐殺が発生。の事件が起こったことは、1998年まで秘密にされてきた。
 2005年10月27日にフランス・パリの東にある郊外から全国に飛び火したパリ郊外暴動事件が発生した。北アフリカからの移民は、警官隊に向かって銃を撃ち、全く罪のない非移民を1人殺し、店舗を壊し、無数の車を燃やした。もっとも、フランスでは大晦日に毎年400台程度の車が燃やされるそうだから、それほど大したことではない。
 
http://pub.ne.jp/cnxb/?entry_id=1419443

 フランスには、抗議を暴力に訴える長い伝統がある。ギリシアと通じるところがある。しかも、笑止にも他国を野蛮と見なしている。そもそも、サルコジという東欧系の資本家の御用聞きを大統領に選んだ時点で決まっていた。

 日本では、年金を詐取され、年金開始年齢も支給額も改悪されても、デモもしない左傾労組が付いている。この労組が支援する民主党とかいうどっちに転んでも朝鮮系が党首の党の、長妻昭とかいう口先だけの無能野郎が管轄省の大臣だが、改善されたとか処罰したとかいう話は聞かない。

駄目だ、こりゃ。


「消えた年金」を追って―欠陥国家、その実態を暴く

「消えた年金」を追って―欠陥国家、その実態を暴く

  • 作者: 長妻 昭
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2007/10/19
  • メディア: 単行本




マンガで読むびっくり仰天!年金浪費―「福祉」という名のブラックホールを塞げ!

マンガで読むびっくり仰天!年金浪費―「福祉」という名のブラックホールを塞げ!

  • 作者: 長妻 昭
  • 出版社/メーカー: グラフ社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本


posted by cnx at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

いつか忘れていったこんなジタンの空箱 ひねり捨てるだけ



 北インドからヨーロッパに流れてきた流浪の民、売春や遊芸、犯罪などを生業としてきた集団をジプシー(英語:gypsy)、ジタン(仏語:gitan)と呼ぶ。エジプト人だと誤解があったためにこの名前が付いた。よく、スペインの文化をフラメンコと闘牛と紹介しているが、闘牛はローマ帝国の人間や野獣を戦わせた名残の野蛮なスペインの文化だが、フラメンコはジプシーの踊りで、フラメンコをスペインの文化と呼ぶのは、スペイン人に著しく非礼に当たる。

 ちょうど、在日朝鮮人の醜悪な踊りを日本文化と呼ぶようなものである。

 日本の近代とは何のための戦いだったのか。日本は朝鮮を「日韓併合」し、国家予算の実に20%を朝鮮近代化に注ぎ込だ。外地の方が給与が高かったので,優秀な日本人は外地に流れた。糞尿にまみれ、糞を食らう朝鮮土人の、併合時の平均寿命24歳、人口960万人。35年掛けて、インフラを整備し、文字を教え、昭和20年の朝鮮人の平均寿命は、日本人と同じ46歳まで高め、人口を2600万人まで増やしてしまった。しかも、不逞朝鮮人が戦後、「在日」として住み着き、子孫や親戚を呼び寄せ、200万人も反日難民がいる。普通の国で考えられないこの反日外国人に生活保護やこども手当(公明党が児童手当のときに導入)まで支給している。糞外務省は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) に難民として認定させるぺきである。しかも、小沢一郎、菅直人、犯罪放送集団(TBS、NHK)、池田大作などカルトの教祖や芸人やヤクザ、支援企業など、日本を害し続け、外国人参政権、戸籍の廃止、夫婦別姓など、南北朝鮮、支那に国益を売り渡し続けている。いい加減、糞団塊に毒された日本国民は歴史を取り戻し、ひねり潰すときが来ている。

 最近、内閣官房副長官の福山哲郎は「陳哲郎」、元横浜市長の中田宏は「鄭宏」と判明した。
http://www.nikaidou.com/

 世界中で嫌われている最も劣悪な犯罪集団の朝鮮支那(特定アジア)には、ユダヤもジプシーも真っ青だ。ニコラ・サルコジがハンガリーから流れてきたジプシーみたいなものだが、アドルフ・ヒトラーがユダヤだろうと、関係ない。敵対するものはひねり潰すしか、生き残る道はない。

おフランス(aux France) その6
http://pub.ne.jp/cnxb/?entry_id=2043117

 公職選挙法違反の民主党公認候補、庄野真代が歌っていた「飛んでイスタンプール」の一節にもある。参院比例区で落選したが、なぜか検挙されていない。
いつか忘れていった こんなジタンの空箱
ひねり捨てるだけで あきらめきれる人



エッセンシャル・ベスト庄野真代

エッセンシャル・ベスト庄野真代

  • アーティスト: 庄野真代,売野雅勇,ちあき哲也,荒井由実,中村行延,竜真知子,三浦徳子,船山基紀,小泉まさみ,柳田ヒロ
  • 出版社/メーカー: Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
  • 発売日: 2007/08/22
  • メディア: CD


posted by cnx at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Eu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする