2011年04月04日

東北関東大震災に見る情報統制4


 無責任、無策、無知・無能の恥さらし集団、民主党政権、東京電力、原子力安全・保安院。消えてなくなれ。

「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず。」
論語泰伯第八196章


 朝鮮人政党の民主党も東京電力も官僚も自分に責任がないとでもという面の皮で、国民を惑わしている。紙おむつとか生理用ナプキンと同じ素材なのだから、民主党が責任をもって、大量に放り込めば詰まる。「高分子ポリマー」などという高分子=ポリマーなのに、「危険が危ない」という馬鹿な表現をして、応急的には、周りの海を鉛板と鉄筋コンクリートで囲んで、原子炉ごと海に落とし込んでしまえば良いだけなのに、そんなこともしない。チェルノブイリのときのように、少なくともプーチンならとっくに放射性物質漏れは減少に転じているのは間違いない。

 意外に知られていないが、原子力安全・保安院というのは、経済産業省資源エネルギー庁の機関で、小泉純一郎改革(改悪)の下、科学技術庁原子力安全局に資源エネルギー庁、通商産業省環境立地局などを合体させた鵺のようなもので、原子力だけではなく、電力、都市ガス、高圧ガス、液化石油ガス、火薬、鉱山などの産業活動の安全面を所管している。なんでもくっつければ良いというものではない。原子力関係はこれだけではなく、日本原子力研究所 (JAERI) と核燃料サイクル開発機構(JNC、旧動力炉・核燃料開発事業団 (動燃))を合体して、日本原子力研究開発機構が出来上がっている。他の分野と違い、一旦事故が起こると、一国、あるいは周辺国まで巻き込んだ大規模な被害が生じる。何でも屋に一体化させるべきものではなかった。

「中人以上は以て上を語るべきなり。中人以下には、以て上を語るべからざるなり。」
雍也第六141章




 気象庁の放射性物質の拡散シミュレーションが情報統制により、国民に知らされていない。これでは、台風の進路予想を隠して、被害を拡大させる積のと同じことを行っている。何のための気象庁なのか。

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00603.htm?from=top
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。

 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1〜2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。


 武田邦彦が、第1種放射線取扱主任者だとか、旭化成ウラニウム研究所所長とかの経歴だ、専門家だと強弁しているが、専門はプラスティックで、今回の専門家とも言えない。そこで、素人以上専門家以下の半可通の常として、かなり大雑把な話になり、被曝線量を足し算で求めているが、線型ではなく、薬効曲線などと同じく、非線形のゴンペルツ曲線とロジスティック曲線で表されると考えられるシグモイド曲線である。しかも複数の核種から出てくる放射線の生物への影響は、そんなに単純なものではない。武田邦彦の意見に全幅の信頼を置いてはならない。しかし、今回の指摘の方向性はは、まんざら見当違いではない。

原発 緊急情報(47) 汚染・6日に日本全土に拡がる怖れ
http://takedanet.com/2011/04/47_afa2.html

WiLL (ウィル) 2011年 05月号 [雑誌] [雑誌] / 花田紀凱 責任編集 (編集); ワック (刊)環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks) [ペーパーバック] / 武田 邦彦 (著); 洋泉社 (刊)環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks) [ペーパーバック] / 武田 邦彦 (著); 洋泉社 (刊)環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks) [ペーパーバック] / 武田 邦彦 (著); 洋泉社 (刊)偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書) [新書] / 武田 邦彦 (著); 幻冬舎 (刊)誰も知らない「危ない日本」大きな声では言えない7つの問題 [単行本(ソフトカバー)] / 武田 邦彦 (著); 大和書房 (刊)
posted by cnx at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

東北関東大震災に見る情報統制3・タイの日本支援


 今まで書いてきた予想通り、3号炉のMOX燃料かU−238の核反応で生じたのか、Puが検出された。

 脳味噌を少しは使って考えてみよう。原子力発電というものは、原子爆弾を騙し騙し少しずつ核反応させ、その熱でお湯を沸かして発電する蒸気発電である。例えるなら、TNT爆薬を騙し騙し少しずつ燃やして、その熱でお湯を沸かして発電する装置は作れなくはない。しかし、確率的に何百万回かに1回は、爆発事故が起きるだろう。爆薬製造工場や花火工場でさえ事故が起きている。原子力発電の事故が、この例や航空機事故や交通事故と決定的に違うのは、一旦、スリーマイルやチェルノブイリ、そして福島第一原発のような事故がおきてしまうと、半径何百q(あるいは何千q)を放射性物質で汚染してしまい、取り返しのつかない事態に陥るということである。

 安全のためには、事故を想定して、十重二十重の安全対策を講じなくてはならない。ところが、福島第一原発は、原子炉が単純な構造で経済的な全て沸騰水型原子炉(BWR)で、原子炉の炉心に接触した水蒸気を直接タービンに導くため、放射性物質に汚染される。一方、加圧水型原子炉 (PWR) は、2段階の熱伝達で、熱効率は悪くなるが、安全性を考え、炉心に接触する水は加圧して水蒸気にしない構造のため、(どちらも狂っているが)マトモである。
 沸騰水型原子炉 (BWR) の主要メーカーとしては東芝のほか、日立製作所とGE(ゼネラル・エレクトリック)。戦後の技術導入の経緯から、関西電力は加圧水型原子炉 (PWR) を、東京電力は沸騰水型原子炉 (BWR) を、それぞれ原子力発電所の基本設計として採用。ちょうど50Hzと60Hzと交流の周波数が違うようなボタンのかけちがいが生じている。こんな危険な代物を格納容器と建屋の鉄筋コンクリートの2枚くらいで包んでいる。某原子力安全委員会委員に、答えはわかっているのだが、確信犯的に訊ねたことがある。原発の立地は、まず事故が起きた場合、日本経済に影響の少なく、冷却水をのため臨海地域で、反対運動が少ない田舎者が住んでいる地域に立地している。電気エネルギーの効率からいっても消費地の東京の大深度地下何qで発電すれば良いのだが、経済性と反対運動の少ない無知な田舎者と猿くらいしかいない僻地に剥き出して集中している。

 しかも、3号炉は、プルトニウムのプルとサーマルニュートロン・リアクター(熱中性子炉)のサーマルを繋げた和製英語のプルサーマル(Plutonium Thermal Use)で、MOX(Mixed Oxide)燃料とは、使用済み燃料中に1%程度含まれるPuを再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜてプルトニウム濃度を4〜9%に高めたものを使う。狂っているとしか言いようがない。


「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず。」
論語泰伯第八196章


http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030601000683.html
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011020700679

 自民党が、原子力利権のため、国民の生命財産を考えない原発立地を進め、民主党が踏襲し強化した。財界(自民党)や電気総連(民主党)が原発地域の原住民慰撫のための交付金などなどの中抜きの利権を吸っている。昨年、鳩山由紀夫は首相のとき、「原子力は廃棄物や安全性の問題があるが、さらに安全性の確保で高い目標を果たすことを前提に、地球環境を守りCO2を減らすためには欠くことのできないエネルギーだと理解している。基本法の中でも位置付けたい。」と述べ、地球温暖化対策基本法案に原子力発電を推進する方針を示した。民主党は02月07日、運転開始から03月で40年を迎える福島第一原発1号機という、開発者自身が欠陥炉と指摘している、GE製マークT型を改修なしで40年経過後さらに10年間運転を続けるための保安規定の変更認可を経済産業省原子力安全・保安院が出した。

「中人以上は以て上を語るべきなり。中人以下には、以て上を語るべからざるなり。」
雍也第六141章


日本経済新聞 1989(平成元)年07月06日夕刊  
 【ワシントン五日=滝記者】米原子力規制委員会は五日、米国内で運転中の「マーク1型」原子炉について格納容器に圧力緩和用の緊急通気弁を取り付けることを承認した。炉心溶融などの重大事故で容器内の圧力が高まった場合、放射性ガスを外に出すための装置。「マーク1型」は米ゼネラル・エレクトリック社製の沸騰水型原子炉で、日本にも同型の炉がある。同委員会によると対象となる原子炉は米国に二十四基ある。一律に設置を定めるのではなく個々の原発の事情を考慮して電力会社が設置するかどうか判断する。設置が認められた弁は事故により大量のガスが炉内で発生し圧力容器を破壊する恐れが出てきた場合、ガスを外に逃し容器を守るのが目的。
 ガスを出せば環境汚染は免れないが、容器が壊れてチェルノブイリ原発のような惨事を起こすよりはよいとの判断から設置する。「マーク1型」は比較的初期の沸騰水型原子炉で日本国内にも十基あるため米国の決定により日本の規制当局も何らかの判断を迫られそうだ。

内田秀雄原子力安全委員会委員長の話 
炉心溶融など重大事故に対する一つの対策として格納容器に圧力通気弁を付ける方法は一九七九年の米スリーマイル島での事故以来、日本でも検討している。しかし事故が起こる確率から考えた必要性と、まちがって弁を開いてしまう危険性などをよく比較検討する必要がある。対策には他の方法も考えられており、立地条件や管理体制からみて、日本の同型の原子炉ですぐに米国と同じ対策を講じる必要はないと思う。


福島第一原発 全てBWR(沸騰水型軽水炉)
      出力  格納容器型式 国産化率 主契約者
1号炉  46 万kW マークT型   56%   GE
2号炉  78.4    マークT型   53    GE・東芝
3号炉  78.4    マークT型   91    東芝
4号炉  78.4    マークT型   91    日立
5号炉  78.4    マークT型   93    東芝
6号炉  110     マークU型   63    GE・東芝

しかも、2号炉以降はマークT型の冷却性能の欠陥を手直しするどころか、経済性を追求するため、小型に改造したため、用意にメルトダウンを引き起こす危険極まりない構造である。緊急通気弁すら付ける改造も行わず、今回のような事態は容易に予想できたのにそのままにしておき、データーは隠蔽、捏造。メルトダウンにより放射性物質の広範囲な拡散を防ぐため、原発内への注水や破壊を行うという決断を先送りにし、作業員50人にのみ被曝させ続けている。しかも、責任はほとんど取らない。民主党や電力マフィアの性向はわかり切っているのに、未だに旧来のままで、どうせ尻尾切りで終わるだろう。

 ここ1週間ずっとタイに居た。タイでの報道も日本の地震・津波・原発だらけで、むしろ日本のニュースより的を得ていたりする。日本にはまともに国民に情報を伝えるジャーナリズムなど存在しないことがわかる。タイも地球寒冷化で寒い。今回に限らないが、原子力利権に群がる電力マフィアが暗躍する原発は、クライメイトゲイト事件で暴露された地球温暖化詐欺の構図と酷似している。

 日本に戻ってみると、SvとかBqとか一般人まで生半可だが日常用語になっていて驚いた。元々テレビに出てくる専門家というのがいい加減な括りなのだが、マトモなことも知らないのか言えない専門家というのは一体何なんだろう。俄専門家というのが雨後の筍のように生えてくる。武田邦彦が今回の専門家として最適とも思えないし、おかしな所もあるが、下のサイトは概ねマトモで簡単にまとめている。一読を勧める。

http://takedanet.com/cat5621932/


タイ日本支援1.jpg 意外なほど、タイの援助の扱いが小さい。タイでは、地震はどうだったか、津波はどうだったと心配してくれた。ある運転手は、日本人は勤勉で我慢強いとしきりに感心していた。中には津波で大変なのにやって来たという心ない皮肉もあるにはあった。関西空港からの出入りだが、行きは満席、帰りはタイ人の観光客がキャンセルしたのだろう。少し空いていたが、それほどでもない。乗っているのは、被災すれば良かったのにと思うような、糞団塊の爺と、勘違いしたカスども(団塊ジュニア)だらけだった。

CAT、日本向け通話を一時的に無料化
http://thai.news-agency.jp/farticles/article/4747
 日本向け国際電話が17〜23日に24時間、009が無料だったが、集中して話し中で利用できなかった。

タイのネット掲示板 震災で日本人の規律に感嘆
http://www.newsclip.be/news/2011313_030303.html
【タイ】タイのインターネット掲示板には、東日本大震災で日本に対する弔意、お見舞いがあふれるとともに、日本人が示した規律に注目が集まっている。

タイ日本支援2.jpg王族、市民、企業 東日本大震災でタイに支援のうねりhttp://www.newsclip.be/news/2011318_030342.html
【タイ】日本の外務省によると、17日、東日本大震災の被災者にタイのワチラロンコン皇太子が寄贈した毛布2万枚がタイ航空機で成田空港に到着した。高橋副外相は同日、タイのチャワノン外相補佐官と会談し、「今回の2万枚の毛布支援に心から感謝している。困った時の友は真の友人」と、タイ側に謝意を伝えた。

 タイ政府は14日の閣議で2億バーツ(約5・4億円)の日本支援予算を決めており、18日にもタイ空軍の大型輸送機で救援物資を日本に運ぶ。輸送機は帰路、帰国を希望するタイ人を連れ帰る予定。

 タイ国内では被災者への義援金募集が広がりを見せている。芸能人のチャリティーイベントやテレビ番組での呼びかけに応じ、タイ王室系企業のサイアム・セメントが1000万円を寄付するなど、企業、地方行政体、個人から多くの寄付が寄せられている。

ThaiforJapan.jpgタイの人気歌手トンチャイさんら 東日本大震災で募金
http://www.newsclip.be/news/2011323_030388.html
【タイ】タイの音楽最大手GMMグラミーは24日午前12時から午後2時まで、バンコク都内アソーク通りの本社ビルGMMグラミープレース1階で、東日本大震災の被災者支援のための特製Tシャツ(1枚250バーツ)を販売する。タイを代表する男性歌手のトンチャイさん(写真中央)ら同社所属の歌手、俳優、司会者らが参加。午後1時からはアソーク通りで募金も行う。

東日本大震災 25日も支援イベント、サイアムディスカバリーで
http://www.newsclip.be/news/2011324_030397.html
【タイ】東日本大震災の被災者支援の義援金を募るイベントが25日午後4時半からバンコク都心のショッピングセンター、サイアムディスカバリーで行われる。テレビ局チャンネル9、サイアムディスカバリーなどの主催で、タイの芸能人多数が参加する予定。

東日本大震災 タイからの支援物資が被災地へ
http://www.newsclip.be/news/2011329_030441.html
【タイ】在タイ日本大使館は3月28日、タイの官民から東日本大震災の被災者に寄付された支援物資の配布状況を明らかにした。▽毛布1万枚を19日に栃木県の日本赤十字社に送付▽毛布5050枚を21日に山形県の日本赤十字社に送付(残った毛布は日本赤十字社が逐次配布)▽タイ空軍の大型輸送機2機が空輸した支援物資18トン(非常用袋1300個、寝袋1000個、調理済み米の缶詰9000個、防寒着44箱)は19日に横田基地到着後、品川区役所が引き取り、同区役所が災害援助協定を結んでいる岩手県宮古市に逐次送付▽1本1・5リットルの水9072本を25日に茨城県に送付▽即席めん約1万5600食、調理済み米の缶詰約1万個を27日に仙台市に送付▽即席めん約1万2000食、調理済み米の缶詰約9600個を宮城県石巻市に送付――などで、これ以外にもすでに被災者に配布された支援物資がある。その他の支援物資は被災地のニーズと輸送手段を勘案し、タイ外務省などが保管中だという。

 タイも03月24日に東シャン州(ビルマ)で発生した地震の被害が少しは出ているのに、信じられないくらい日本を支援している。あざといとか世渡り上手という皮肉な見方も出来なくはないが、マスゴミやミンス党政権の世界の悪魔、支那・朝鮮に対する扱いを見ると、タイや台湾の扱いがあまりにも小さすぎる。強調し過ぎて過ぎることはないだろう。Tシャツはch3のキャスターらが来ていたのが一番気に入ったが、どこで売っているのか、画像も捜したがわからない。



タイの人気歌手が被災者向けの応援歌
http://thai.news-agency.jp/articles/article/5749
 タイの音楽大手GMMグラミー(GRAMMY)に所属する人気歌手のバードさんが、日本の東日本大震災の被災者向けに行われたチャリティーに合わせ、動画共有サイトの「ユーチューブ」に応援歌を投稿し注目を集めている。29日時点で、投稿された応援歌は、再生回数8万回を越えた。

 GRAMMYは24日、日本の東日本大震災復興支援チャリティーイベント「Thai For Japan」を本社内で開催している。このイベントに合わせ、特製Tシャツを250バーツで販売、売上はタイ赤十字を通じて寄付される。

 バード(Bird、เบิร์ด、トンチャイ・メーキンタイ、ธงไชย แมคอินไตย์)の歌の映像を見て涙が溢れて来た。アンダマンの涙のように、心に沁み通る歌だ。一度聞いて、癒されてもらいたい。เบิร์ด ขอบใจจริงๆ
 嫌な面もあるが、タイと永年関わっているのも、他の国にはないものがタイにはあるからだ。


 タイに関心がある者ならバードをたとえ知らなくても(そんな人は少ないと思うが)、悲劇恋愛小説「คู่กรรม(クーカム、邦題:メナムの残照)」の主人公のコボリ(小堀帝國海軍大尉)役を演じたことで有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4



続きを読む
posted by cnx at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

東北関東大震災に見る情報統制2



 民主党は旧社会党7割と朝鮮人の政党で、実態は土井たか子や村山富市の社会党と変わりはない。淡路阪神大震災のとき、村山富市政権と貝原俊民兵庫県知事(東京大学法学部卒)が何をやったか、多くの民衆は忘れてしまったのだろうか。現政権の菅直人も、現兵庫県知事井戸敏三(東京大学法学部卒)も、朝鮮よりの同族である。

 村山富市と貝原俊民は、自衛隊の出動を取り返しのつかないほど遅らせ、瓦礫や火災のすぐ脇の道路を封鎖せず通行させ、緊急車両の通行を妨げ、多くの人々を死に追いやった。瀕死の被災者を見殺しにする一方で、救助に奔走する自衛隊を妨害し、貶め、茶化した。泣きながら自衛隊の出動を国会で要請した地元の国会議員に、薄汚い野次を飛ばした社会党議員までいた。筑紫哲也は、「あっちこっちから煙が上がり温泉場のようです。」とヘリから震災見物をした。

 また、自衛隊より先に現地入りした辻元清美は、援助物資ではなく印刷機を持ち込み、自衛隊は違法であるので、自衛隊から水や食料を貰わないように、自衛隊の支援を断るようにと被災者に「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。」と書かれたビラを配っていた。この売国奴は、日本社会を破壊するための作戦を実践しているようだ。恐ろしいことに北朝鮮のスパイ、辻元清美は今回の東北関東大震災で、ボランティア担当補佐官として救援ボランティアの申し込みを拒否している。

 筑紫哲也以外、まだのうのうと生きている。以上の村山富市、貝原俊民、菅直人、井戸敏三、辻元清美に加え、自衛隊を暴力装置と毛嫌いした仙谷由人や、いつも自衛隊を目の敵にしている民主党や社民党や共産党の売国奴どもの上に瓦礫が降り、津波に流され、地獄の炎に焼かれることを痛切に望む。


「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず。」
論語泰伯第八196章

 「放射能(Radioactivity)」という言葉が日本語で間違って使われ、NHKやマスゴミなんかで平気で誤用している。「放射能」というのは放射線を出す能力のことなので、「放射能」が飛んで来るのではなく、「放射線」が飛ぶか、「放射線」を出す物質(「放射性物質」)が飛んで来るのである。以前に原発推進派の町長が原発から出ている排水を飲んだりして安全だと演出した馬鹿な事件があったりしたが、「放射能」を飲んだのではなく、「放射能」をもつ物質を飲んだのである。ただし、今回のような事故でもない限り、少ししか含まれていない。

南三陸町110313.jpg

「中人以上は以て上を語るべきなり。中人以下には、以て上を語るべからざるなり。」
雍也第六141章

 この町長のような下人どころか、東京電力や民主党は上を語れない下人や邪悪な小人しかいない。

郡山放射線検査110313.jpg SI単位(Le Système International d'Unités)とは、フランス革命で産まれたメートル法を拡張した拡張メートル法で、Gy(グレイ)とは、J/sで、1sあたり1Jのエネルギーを吸収したときの放射線の吸収線量である。以前はrad(ラド)という単位が使われた。1rad=0.01Gy。
 同じエネルギーであっても、放射線の種類によって、生物への影響が違う。例えば、γ線よりもα線の方が20倍ダメージが大きい。そこで、電離効果などの影響を係数として掛けて補正したのが、Sv(シーベルト)である。線量当量と呼ばれる。以前はrem(レム)が使われ、1rem=100Sv。R(レントゲン)は、以前に使われていた照射線量で、1rem=1.07185R。
 ついでにcpsは、サーベイメーターなどで、1秒間の計数値。全部の放射線が計れるわけではない。壊変数はBq(ベクレル、dps)を使う。以前は、Ci(キュリー)が使われた。1Ci=3.7×10^10Bq。cpmは1分間あたりの計数値。計数に使うサーベイメーターはGMカウンター(ガイガー・ミュラー計数管)とは限らない。シンチレーションカウンターも一般的である。

 下の04時以降にnGy/hの値が2倍以上に跳ね上がった。そこで、SI補助単位の数詞のn(ナノ)=10^-9をμ(マイクロ)=10^-6と千倍の値にして、無知な者の目に上がっていないように見せかけた。単に、数詞を変えたのでは言い訳が付きにくいので、単なるエネルギー吸収線量Gyを生物への影響を考えたという言い訳を付けたのだろう。Svに変えた目眩ましを行っている。

http://www.nikaidou.com/archives/11529
東電モニタリングの結果

午前3時00分 正門 69 nGy/h 0.001μSv/h未満

10分 正門 66 nGy/h 0.001μSv/h未満

20分 正門 69 nGy/h 0.001μSv/h未満

30分 正門 68 nGy/h 0.001μSv/h未満

40分 正門 66 nGy/h 0.001μSv/h未満

50分 正門 64 nGy/h 0.001μSv/h未満

午前4時00分 正門 69 nGy/h 0.001μSv/h未満

<<<ここで重要事象が生じたと考えられます>>>筆者注

40分 正門 866 nGy/h −

50分 正門 1002 nGy/h −

午前5時00分 正門 1307 nGy/h −

10分 正門 1590 nGy/h 0.001μSv/h未満

30分 正門 3.29μSv/h 0.001μSv/h未満

40分 正門 4.92μSv/h 0.001μSv/h未満

午前7時50分 正門 4.97μSv/h 0.001μSv/h未満


首相動静(3月12日)時事通信 3月12日(土)5時57分配信

 午前5時31分、執務室を出て、内閣危機管理センターへ。午前6時8分、同センターを出て官邸エントランスで大地震を受けたコメント発表。同14 分、陸上自衛隊ヘリコプターで官邸屋上へリポート発。班 目春樹原子力安全委員会委員長、寺田学首相補佐官同行。午前7時11分、福島県大熊町の東京電力福島第1原子力発電所着。同19分、重要免震棟へ。同23 分、東京電力副社長の武藤栄原子力・立地本部 長による説明。池田元久経済産業副大臣同席。午前7時47分、武藤本部長による説明終了。同49分、重要免震棟を出て、同8時4分、陸自ヘリで福島第1原発発。 午前8時29分、仙台市の陸上自衛隊霞目駐屯地着。同35分、陸自ヘリで同駐屯地発。宮城県沿岸部の被災地を上空から視察。同9時14分、同駐屯地着。同17分、陸自ヘリで同駐屯地発。午前10時47分、官邸屋上ヘリポート着。同50分、執務室へ


福島第1原発110314.jpg 福島第1原発1号炉 13日にメルトダウン、水素爆発。
 福島第1原発2号炉 15日早朝にメルトダウン、水素爆発。圧力抑制室が損傷。
 福島第1原発3号炉 14日にメルトダウン、水素爆発。
 福島第1原発4号炉 15日06時に燃料プールで水素爆発。


 福島第1原発3号炉はプルサーマルで、最も有毒な元素Puを壊変している。1号炉の比ではない。率直にいえば、親戚や友人が3号炉から半径100q(300qかも知れない)以内にいたら、避難を勧める。居るのだが、年賀状だけの付き合いで、恐らく耳を貸さないだろう。原子力研究所から来た助教授は、講義用にプルトニウム(Pu)のモデルサンプルを作っていた。本物は危険すぎるし持ち出せないので。原子力研究所というのは、特権階級で、東名で玉突き事故に巻き込まれたとき、警官が白パイ先導の特別待遇だったと言っていた。また、某原子力委員会の委員長は、原発なんかは、事故が起きても良い田舎に作っているんだと言っていた。

 福島第1原発5号炉、6号炉 運転していないが、情報を出さないので信用できない。

 福島第2原発1号炉、2号炉、3号炉 停止中。
 福島第2原発4号炉 冷却中。

 私事だが、今回の津波と地震の報道に接し陰鬱になり、自動車の単独自損事故を起こしてしまった。部品の入荷がわからないのと、車両保険を掛けていないので、貧乏な身の上でますます不幸になる。年収の何分の1かの見積金額で鬱になっていて、年賀状だけの友人を説得をする気力がない。自分の身は自分で守れということであり、特にこの国では誰も守ってくれない。

 何しろ、ろくに救援物資も持たずに印刷機だけを持ち込んで、自己宣伝と政府批判のビラを撒き始めた自称・市民団体「ピースボート」、この親玉の辻元清美が「ボランティア担当補佐官」、自衛隊災害救出活動、スーパー堤防、耐震補強工事費、学校耐震化予算、災害対策予備費 、地震再保険特別会計を削った蓮舫が「節電啓発担当大臣」、パチンコチェンストア協会の政治分野アドバイザーの海江田万里が「経済産業相」なのである。停電にする前に、辻元清美、蓮舫、海江田万里の命とエネルギーと未来を削って貰いたい。

 今回の地震と津波による多くの犠牲者の死を悼み、情報統制を懲りずに繰り返し、原発の炉心のメルトダウンで、さらに、多くの被害者を出している現状に怒りをこめて、合掌。
posted by cnx at 07:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東北関東大震災に見る情報統制1


地震110311.jpg 「東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」、「東日本大震災」と名前がコロコロ付け足されて、一体どれが本当の名前か、在日か芸人の通り名のようにはぐらかしている。犯罪報道で名前をなるだけ報道しないというのと同じ姿勢である。

 「マグニチュード」と日本では言っているが、「Magnitude」とは「大きさ」つまり「強度」という意味で、リクタースケールでM9.0と言わないと、地震以外の文脈では意味がわからない。日本語に限らず外来語というのは特化した意味に限定されるようになる場合が多い。今回の地震のリクタースケールも、M8.9→M8.8→M9.0とコロコロ変わった。リクタースケールというのは、恒星の光度や音の大きさなどと同じく対数で、しかも底を10の常用対数なので、0.2も変わると、10^0.2=1.58倍も違う。対数なのは、我々の感覚というのは対数で関知しているからだ。そうでないと、ダイナミックレンジを大きく取れない。光度で言うと、ちょっと暗くなったり、明るくなっただけで見えなくなってしまい、他の生物に捕食されて絶滅している。対数も計算尺を思い浮かべれば、実にわかりやすいのだが、ゆとりの教育で中学校で習わないから、計算尺自体が売っていない。
 ところで、真の値は1つなのだから、58%も誤差があるようないい加減な値を使っているのだ。批判しているのではない。何も工業製品を作っているのではなく、いつ起きるかわからない自然現象の実測値というのは、このくらい誤差があって当然なのだ。ところが、地球温暖化詐欺では、最悪のシナリオ(それも偽造したデーターとインチキシミュレーションに基づく)での地球の平均気温を小数点1位まで出していた環境省の江守正多(41)のいう事を報道しているNHKを始めとするたバカマスゴミには唖然とする。

「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず。」
論語泰伯第八196章


帰宅難民110311.jpg

 上は東京での地震後の帰宅難民の写真だが、淡路阪神大震災のときに比べて、首都に近いためか報道量が圧倒的に多い。しかし、関西で普通に見える「たかじんのそこまでやって委員会」とか、「スーパーニュースアンカー水曜 青山繁春のニュースDEズバリ!」などは見ることができない情報弱者の住む部落、それが東京。サラリーマンというのは大正時代までは、諸外国と同様に転職や途中入社などは当たり前だった。それが、昭和の統制戦時態勢の社会主義警察国家のまま、現在に至っているのが日本である。新卒採用、終身雇用制も御用組合も源泉徴収や回覧板もこのときに産み出された。特亜人と気違い左翼に牛耳られた奴隷が、現在の身分制度で最下層のサラリーマン(給与所得者)である。東京でサラリーマンをやっていたこともあり、都心に飲みに行って大雪の日に列車が止まり、タクシーを2時間待ったことがある。午前2時に着いて、翌日というか当日午前6時に起きて出勤した。
 今回の報道だが、統制国家というのは恐ろしいもので、全局地震報道。これは当たり前といえば当たり前だが、NHKに至っては、総合、教育の地上波にBS1、BS2、BS3と5局、アナログ放送を入れて9局全て全く同じ放送だった。それであの大本営発表放送。しかも、民放に比べて、大津波警報、津波警報、津波注意報の色分けが小さく不鮮明で、最も見にくい。受信料を取って9局も国民の財産の電波を占拠して何という無能だ。



「中人以上は以て上を語るべきなり。中人以下には、以て上を語るべからざるなり。」
雍也第六141章

菅直人110311.jpg

 例によって東工大(ただし、工学関係では相手にさない学部卒)まで出ながら、低能で麻雀点数計算機しか発明ができない菅直人は、「現場の救出作業のジャマになるから災害発生時から72時間は現地視察しない。」 という与野党の取り決めを破って、菅は自らの政治的演出のため強引に現地視察し、炉心溶融を引き起こした。12日午前03時に安全弁開けて圧力下げたいという東京電力の申請を、菅が指導力を演出するため現地に行って指示するまで許可を出さなかったという。東京電力が情報を政府にも隠蔽していたか、原子炉の状況を把握できていなかったかのどちらかの可能性が高い。中人どころか下人の菅直人と東北大法学部卒の三百代言の枝野幸男などは、上を語ることなど出来ない。

福島第1原発1号機110312.jpg 「現在、福島第1原発、1号機のメルトダウンに続いて、3号機の冷却機能停止している。」と午前中に馬鹿会見をしたが、東京電力は「3号機のメルトダウンは回避した。」と発表。実態が理解できない低能の伝言ゲームで、現場の東京電力が正しい情報を出せば良いのだが、隠蔽している。恐ろしいことに、ちょうど、GHQ憲法9条教カルトが、軍事や安全保障、世界のしくみを理解していないのと同じ構図だ。

 あまり専門的なことを書くと、匿名性がなくなるが、専門家を信じては行けない。まして、低能な伝言ゲームの広報や情報統制気取りの政府屋などの言など、学生時代に不勉強で、口にする言葉の意味を低能で分かっていないのだから、無視して逃げるのが生き残る道である。

 内圧をわざわざ一般に馴染みの薄い単位Pa(パスカル)を使って、MPaとかkPaで説明しているのも、気圧という一番直感的にわかる単位を使うと、内圧が上がっているのが丸わかりだからだ。また、NHKは「溶けた」という文字をわざわざ画面に出したが、融解(固体が液体になる)したので、溶解(液体、この場合は水に溶ける)したのではない。セシウム−137やヨウ素−131は固体なので、外部で検出された段階で、高校の化学知識と思考力があれば、融解したり、蒸発したことを示している。炉心がメルトダウンしたのは疑問の余地がないことを示していた。「溶融」という言葉も「メルトダウン(melt down)」で、「メルトダウン」なら融解なのだが、敢えて誤魔化すために使っていた。

仙台110312jpg.jpg 高速増殖炉もんじゅの事故の直前ニ原子炉の内部に入って見学をして、所長に専門的な質問をしたことがある。動燃の東大工学部原子力出(工学部では出るというのは学部卒ではなく最低でも大学院修士課程修了が常識)の所長は、「『絶対』安全です。」と強調していた。あまりに必死なので笑ってしまった。専門家は「絶対」とかと言う言葉を使わない。「絶対」なんか存在しないからだ。「絶対」なんかと言っている専門家みたいな者は詐欺師である。
 1995(平成07)年12月08日、見学に行ってから半年後、ナトリウム漏洩火災事故が起こった。高速増殖炉は、普通の原子炉に比べて高温になるので、熱の伝達材に水ではなく金属Na(炭素Cを使った例もあったが、固体は扱いにくい。)を使っている。稼働前の点検で、高温で融解した液体Naを循環させた途端に、温度を測る温度計が折れて穴か空き、高温の液体Naが下の鉄板を溶かしてしまい、もう少しでコンクリートに触れる寸前だった。コンクリートには多量の水分が残っている。新築のビルに住むと、露に悩まされるのを思えば良い。高校の化学で習った通り、もし、高温のNaが水と混じると、水素が大量に発生し爆発となる。2Na+2H2O→2Na(OH)2+H2↑
漏れたのが推定640s。640×10^3/23×1/2×1.0=14×10^3で13sの水素が発生する。臨界どころか燃料も入れていなかったので、爆発しても放射性物質の飛散には繋がらならなかったが、水素の大爆発で、爆破力よりも音響により、周囲10qとかの建物のガラスが共鳴して破壊されて凄まじいことになっていたに違いない。今回の福島第1原発の1号機なんかの比ではない。因みにこの温度計は東京都大田区の中小企業に動燃が発注し、作った親父さんは折れると断言していたのを、動燃の東大工学部出あたりの技術者は否定して使用したところ、試用段階で折れたのである。大前研一は早稲田大学の理工学部応用化学科から、東京工業大学大学院原子核工学科修士課程を修了し、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程を修了。日立製作所エネルギー研究所で、高速増殖炉の設計を行っている。
 「原子力工学」というのはかつては、工業の中で花形で、工業学部の中では難易度が高かった。ところが、「原子力」が幻滅してくると、「エネルギー工学」とか「量子工学」とか「応用物理工学」とかに看板だけ変えている。今、原子力工学の技術者の幹部は難易度の高かった時代に学生時代を送った者のはずだ。それが、このような詐欺と低能を露呈するとは、一体原子力工学とは何なのだろうか。ちなみに、理学部の中で「物理」の難易度が高かったが、現在は最低になっている。

しかも、もんじゅの事故現場の様子を撮影したビデオを隠蔽したが、今回の福島第1原発でもビデオ画像が出てこない。しかも、2010(平成22)年08月26日、もんじゅは炉内中継装置を落下事故を起こし、稼働も廃炉も出来ない状態で、停止中も維持費に1日5500万円の国費が掛かっている。2011(平成23)年02月14日、装置を現場で担当する燃料環境課長が敦賀市の山中で自殺し、遺体で発見された。何しろ、最悪の有毒元素Puを使っている。漏れたら、関西・北陸・中国・中京圏に飛び散ることになる。これは、プルサーマルでMOX燃料で使っている福島第一原発3号炉、高浜原発3号炉と4号炉、浜岡原発4号炉、伊方原発3号炉、泊原発3号炉もPuを含む。

陸前高田110312.jpg メコン河をフエイサイからルアンプラバンまでスピードボートをチャーターして走った。プロペラが折れて、メコン河を漂流とか、通り掛かった乗合舟に押し付けられたりとか、かなりメチャクチャな旅だった。その当時はラオは県ごとに外国人の出入りを記録していたので、何度も上陸を繰り返して、夕方にやっと着いたが、8時間に及ぶエンジンの轟音のため、まる1日耳がほとんど聞こえなり、俄聾になったことがある。福島第1原発なんかでは、燃料棒がメルトダウンして水が分解して水素が生じたので大した量ではないが、増殖炉の水素爆発では、循環材がNaなので轟音は比較にならない。周囲何十qのガラスが割れ、住民の鼓膜が裂け、耳が聾になると思われる。

気仙沼110312-1.jpg


 今回の地震と津波による多くの犠牲者の死を悼み、情報統制を懲りずに繰り返し、原発の炉心のメルトダウンで、さらに、多くの被害者を出している現状に怒りをこめて、合掌。

気仙沼110312-2.jpg
posted by cnx at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

これが戦後最年少の害相、ミンス党前原誠司


 京都刑務所近くの焼き肉じゅんと麻雀キムラ経営の北朝鮮商工会工作員、チャン・オクブン(通り名:木村)(72)から政治献金を受け取って、マスゴミが「外国人」などと報道するのは、地球上で日本しか存在しない。たとえ死刑を廃止している国でもスパイ罪は死刑。害務大臣の犯罪では、暴動によりクーデター、公開処刑で銃殺が、たとえ実現しなくても世界の平均値である。また、個人情報保護法を過度に乱用して、報道の自由を弾圧しているのは、先進国では社会主義警察国家(ただし特亜しか守らない)の日本しか存在しない。一方、すっぱ抜いた自民党の西田昌司は朝鮮ヤクザの手で闇に葬られかねない。
 朝鮮総連系の焼肉店というのは、北朝鮮のエージェントがゲストハウスなどに使うことで知られる。ただの焼肉屋の婆ではない、ヤクザ献金も突っ込まれたくない、他の危ない献金を追求されたくないので辞任して目眩まし、蓮舫(43)と野田佳彦(53)に恩を売ったことになる。
http://r.tabelog.com/kyoto/A2606/A260603/26012685/

前原誠司(48).jpg京都大学法学部卒 前原誠司(昭和37(1962)年04月30日〜)(48)
 鳥取県境港出身の父、日野郡日南出身の母清子(74)に姉1人。「簡易裁判所の裁判官だった父親を早く亡くし、母子家庭で苦労した。」という浪花節のお涙頂戴が売りだったが、週刊新潮に、「父は京都の家庭裁判所の総務課庶務係長で、マイホームの借金を苦に特急に飛び込み自殺」とすっぱ抜かれた。父親の自殺は昭和51(1976)年のことで、前原誠司は中学2年生だった。父親が京都家庭裁判所の庶務係長だったのを、前原はずっと裁判官だったと言い続けた。前原は「中学2年でわからなかった。」と釈明にならない言い訳をしている。今回と同じだ。中2で親の職業や身分がわからない人間が京大に入ったり外相をやって良いものか、苦笑するしかない。京都市立修学院小学校、京都教育大附属中学校、京都教育大附属高校。京都大学法学部に1浪して合格。高校1年生から大学を卒業するまで奨学金を受け、大学時代は「奨学金の前原」と呼ばれた。高坂正堯ゼミに入った。語学の単位を落として京都大学で1年留年している。高坂の助言で、昭和62(1987)年、松下政経塾へ第8期生として入塾。実は松下政経塾も1浪している。また、朝鮮部落出身の松下幸之助が作った松下政経塾出身で、朝鮮帰化人疑惑がある。
 平成3(1991)年、松下政経塾を卒塾し、京都府議会議員選挙に立候補し、後に同じ京都出身の衆議院議員となる北神圭朗ら学生ボランティアの支援により府議会史上最年少で初当選。府議時代には日朝、日韓、日中、日華の四つの友好議員連盟すべてに所属していた。平成4(1992)年、長浜博行、野田佳彦、山田宏、樽床伸二、中田宏らとともに日本新党へ参画。平成5(1993)年、第40回衆議院議員総選挙で京都1区において日本新党公認新党さきがけ推薦で立候補して初当選。以後、当選6回。東京佐川急便事件での細川の借入問題に端を発した連立政権崩壊によって、細川内閣が総辞職。枝野幸男、荒井聰、高見裕一らとともに日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成。松下政経塾の先輩の山田宏は、前原が恩人の党首細川護煕に対して後ろ足で砂をかけるように出ていったことや、日本新党離党について自分に一切の相談がなかったことに激怒した。その2ケ月後には「民主の風」メンバーとともに新党さきがけに合流。政調会長の菅直人の下で政調副会長、院内幹事(国会対策委員長)渡海紀三朗の下で院内副幹事(国対副委員長)を歴任。平成8(1996)年の総選挙直前に旧民主党、平成10(1998)年の民主党の結党に参加。平成14(2002)09月の代表選挙では、鳩山・菅の二枚看板(いわゆる「鳩菅体制」)に危機感を覚え、世代交代を図るため「第二期民主党をつくる有志の会」を結成。前原はこれらの諸問題に、党を代表して政府との修正協議などの交渉に当たり、外交安保の専門家としての評価を高めていった。党内では幹事長代理、「次の内閣」ネクスト外務大臣、ネクスト防衛庁長官を務めた。
 平成17(2005)年09月11日の第44回衆議院議員総選挙で民主党は大敗を喫し、党代表の岡田克也は辞意を表明。前原は岡田後継の代表選挙に立候補し、09月17日に菅直人を2票の僅差で破り、第5代代表に選出された。これは惨敗野党の代表だから「誰でもいいか」という雰囲気によるもの。平成18(2006)年02月、衆議院予算委員会で永田寿康の質問に端を発した堀江ライブドア偽メイル事件の永田寿康前議員を自殺?に追いこんだりしている。前原誠司代表は党首討論で新たな証拠を提示する旨の発言。「期待しておいてください。」と疑惑解明に期待感を持たせる発言をしたが、結局問題のメールそのものが虚偽であり、散々ごねたあげく、02月28日に謝罪会見を行い、同時に代表続投を宣言。しかし、03月31日には、前原も代表辞任を表明。永田寿康も代議士辞職し後に自殺?。04月07日、民主党代表選で小沢一郎が菅直人を破って当選し、前原体制は半年余りで終焉した。永田メール騒動では処理を誤り、傷口を拡大し辞任に追い込まれ、永田寿康は民主党から無視され自殺?に追い込まれたが、前原は人知れず、墓参りに訪れている。
 妻の前原愛里(42)は、両親が熱心な創価学会員で、幼少期に香港に滞在した経験があるため、広東語を話すことができる。愛里は創価女子短大の卒業後、株式会社パソナで南部靖之の個人秘書を務めていた。南部靖之は、人材派遣会社株式会社「パソナ」代表取締役グループ代表兼社長、であると同時に創価学会の信者である。南部靖之が前原に紹介。2ケ月後に結婚。パソナは、竹中平蔵が役員に就任しており、竹中は巨額の役員報酬を受け取っている。愛里は南部靖之の愛人という噂もあった。「前原誠司は京都府議時代、衆議院議員になろうともがいていた。だが、金がない。そこで南部靖之に近づき、南部靖之の愛人を引き受けることで、選挙費用を援助してもらった。」という噂がある。愛里は防衛庁の人材派遣を通した利権に関与しているとされ、内閣情報調査室が身辺を洗っていた。事実、北朝鮮に2回も渡航しよど号グループと接触している。創価学会の教祖、池田大作の写真が飾られている。
 平成21(2009)年08月30日の第45回衆議院議員総選挙で民主党は総議席の3分の2に迫る308議席を獲得。09月16日に発足した鳩山由紀夫内閣において、前原は第12代国土交通大臣に就任。平成22(2010)年09月17日、民主党代表に再選された菅直人による菅内閣の内閣改造に伴い、民主党幹事長に就任した岡田克也の後任として、菅改造内閣の外務大臣に横滑りで就任。48歳4ケ月での外相就任は、戦後最年少である。10月27日には米ハワイ・ホノルルにおいて、米国務長官ヒラリー・クリントンと約2時間に渡って会談。クリントンは前原との会談を終えた後の共同会見で、尖閣諸島について「米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用対象になる」旨を改めて明言。鳩山由紀夫があまりに狂っているのに業を煮やしたヒラリーやジョー・バイデン副大統領が放った犬と言われている。ユダヤ人トロッキスト集団、ネオコンも訪問している。
 表立っては、財団法人日本漢字能力検定協会の関連会社などから政治献金を受けたり、前々から悪い情報が流れていた。部落解放同盟の支援を受け、自身が偽名で青年部長を務めていた。マルクス主義青年同盟(マル青同)が名前だけ変えた団体、民主統一同盟、「がんばろう、日本!」国民協議会と深く交流している。「がんばろう、日本!」国民協議会は、松下政経塾出身議員と連携を深め、「小沢一郎首相待望論」、「政権交代のあるアメリカ型保守2大政党制」を主張するほか、「小泉構造改革応援団」を名乗ることがある。辻元清美としっかり抱擁し、統一教会と癒着した安倍晋三と親交がある。今回の朝鮮人献金事件は、警視庁が暴力団フロントと認定している、旧後藤組(後藤忠正組長)のフェニックストラスト社や不動産会社「メディアトゥエンティワン」の篠原寿(こと篠原央士)(旧後藤組相談役)会長と渡辺修也(こと渡邊収哉こと渡邊修也)社長から、前原誠司、野田佳彦(53)、蓮舫(43)及び民主党本部への献金の関連質問でなされている。
http://ottyanko.at.webry.info/201103/article_2.html


 少なくとも立候補者や公務員志願者は5代前(10代前)からの戸籍などの情報、交遊関係、実質的な資金関連を公開すべきである。一体、国民の知る権利というのはどこに行ったのだろうか。屑芸人の個人情報というようなゴミで目眩ましにして、国民に取って重大な情報を隠蔽しているのが、ジャーナリズム気取りの記者クラブ/ワイドショーのマスゴミである。

松下政経塾 講義ベストセレクション 地方自治編 [新書] / 公益財団法人 松下政経塾 (著); 国政情報センター (刊)松下政経塾 講義ベストセレクション 地方自治編 [新書] / 公益財団法人 松下政経塾 (著); 国政情報センター (刊)
日本の成長の突破口はこれだ!―国土交通省成長戦略 [単行本] / 前原 誠司 (著); 大成出版社 (刊)日本の成長の突破口はこれだ!―国土交通省成長戦略 [単行本] / 前原 誠司 (著); 大成出版社 (刊)
posted by cnx at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする